ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
ザ・スタイル・カウンシル「アワ・フェイヴァリット・ショップ」

懐かしいの一言です、CDリリースは'08年ですがオリジナルは'85年。
ジャケ写のポール・ウェラーを見て、当時の英語教師を思い出しました。
あの頃は気付かなかったけど、顔立ちだけでなく髪型もブリティッシュ・トラッドな服の趣味も似てるな…子供心にも洒落者だとは思ってましたが、おそらく本作もきっと(オシャレピープル御用達)だったのでしょうなぁ。

空港の喧騒から始まるイントロ、そして月曜日の憂うつ…ミック・タルボットとのコンビにドラマーを加えた実質3人で作り上げたとは思えない、生バンドのようにファットなサウンド。
しかし自分は、本作の何を聴いていたのか…ミックの熱いオルガンにばかり耳を奪われていたのか、ワールド・ミュージックを予感させるスノッブなムードに浮かれてただけだったのか?
妙にエッジーなポールのギター・カッティング、バッキングのセオリーからすれば耳障りだけど丸い音色では毒気が失われてしまう。
同じく彼の弾いてるベースがまたソウルフルなフレージングを随所に聴かせ、これまた張りのある図太い音でスラップからハーモニクスまで使い分けてる!
そしてカラフルな曲調に油断してると、歌詞に込められた政治的な反骨心を見落としてしまいかねない(間借り人か店主の娘に過ぎない…これは女王の事だ)。

ラスト15曲目「Shout To The Top」がボートラでもないのにUSリミックス、元はこんなヒネリのないベースじゃなかったよな…?


関連記事:【最近聴いたCD】ザ・スタイル・カウンシル「カフェ・ブリュ」| 2012.06.05


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『The Style Council - Shout To The Top』(こちらは公式PVですね、やはりミックは熱いな!しかし佐野元春「Young Bloods」を思い出しますな、あれも好きですよ僕)


『YOUNG BLOODS 佐野元春』(という訳で、ついでにモトハルのPVも・・・って若えーな! こちらも'85だそうで、なんかホコテン通りも懐かしい感じ。指抜きグローブも懐かしいというか)
0
    | music | 2012.04.22 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top