ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
戸梶圭太「もっとも虚しい仕事 ブラッディースクランブル」

駅売店でもお馴染みのカッパ・ノベルスが図書館の棚に並んでいると、なんだかちょっと不思議な感じが醸し出されてしまうのです。
書き下ろし'06年刊の長編犯罪小説、痛快無類のパルプ・ノワールだそうで。

プロの鉤崎は徹頭徹尾クールっつうかハードボイルド、勝野が持ち込んできた仕事絡みで顔を合わせた黒木は俳優崩れ…仕事の話は流れて、他人事だと思っていた鉤崎なのでしたが。
勝野が拳銃をぶっ放したと勘付いて身の安全のため後始末に動く羽目になったら、コトは二転三転と雪だるま式に大きく派手に転がり始めてしまうのでした。

まさしく鉤崎にとっては骨折り損の無駄金遣い、まぁチープで冷酷なドタバタ悲喜劇なのですが…ページを繰るのももどかしい勢いで一気読みしちゃいましたよ、ジャンルは全然ちがうけど何か昔読んだ「クラッシャージョウ」シリーズを思い出してしまいました。
「クラッシャージョウ」はSFというかスペース・オペラなのですが、やたら毎回ドンパチ多くて人死にまくりのブラッドサースティな展開なのですよ。
本作も爆弾マニアの登場で無茶苦茶な方向になってきて…まぁフィクションとして許せる方だけ読んでみてください、不謹慎とか考えてたらクライマックスはモヤモヤどころじゃ済まない話だと思いますので。

個人的には“千個の風鈴を転がしたかのような”という表現が、すごく印象的で面白いなと思いましたね。
そんなの本気で検証実験でもしない限り分からない、誰も知らない音なのに…そんな風に聞き流している鉤崎の耳を通して、なんかこう想像が膨らむというか。
その後の鉤崎が釘を放るシーンも独特の可笑しさがあって、妙なインパクトがありました。
カッパ・ノベルス的なフォーマットで異種格闘技をやらかしたような、意表を突いた読み物でした。
0
    | books | 2012.04.27 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top