ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
梨木香歩(作)、木内達朗(絵)「蟹塚縁起」

'03年の絵本です。
油彩の表紙と民話っぽい題名に惹かれました、でも民話ではなく作者の創作みたいです。
同時に借りていた「恐怖博物誌」収録の「月夜蟹」を先に読んでいたので、たまたまとはいえ(人の寝静まった夜中に大量の蟹が蠢く)という強烈なモチーフに連打された事は忘れた頃に夢で見そうです。笑
まぁ映像ではないし醜悪に描かれてはいなかったので、不快さはなくシュールで静謐な荘厳なイメージとして心に残りましたが。

話としては短い絵本ですから、粗筋を書いてしまうと身も蓋もないですよね?
最後のストンとした終わり方も僕には魅力を感じられたので内緒にします、またこの終わり方が実際の民話っぽいて好いのですよ。
まぁ民話といえば松谷みよ子という僕の感覚ですと民話は語り手から聞き取るものでして、そういった口話の特性は怪談にも通じるものがありますね。

油絵の濃厚な色味から思い浮かぶ、闇夜に灯るかがり火のコントラスト…そして恩返しや生まれ変わりや仇討ちといった昔話の様々な類型を上手に落とし込んだ物語の、深い情念に胸がいっぱいになりました。
この高ぶりは、やりきれなさでも救いでもなく、理屈で説明できない感じです。
正論や、理路整然とした高説で心が生きている訳ではないんですよね?
こんな、なんだか分からなさが民話や伝承の魅力なのかもしれません。


関連記事:【最近読んだ本】梨木香歩「西の魔女が死んだ」| 2012.05.09
0
    | books | 2012.05.03 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top