ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
安野モヨコ「オチビサン」4巻

特に改めて書く事もない、安定の4年目です。
ただし今回の巻末2ページは書き下ろしとなっております…何故なら'11年の3月は3週目の金曜日に大地震と津波があったので、311の週と翌週の日曜版に掲載される筈の原稿が宙に浮いてしまったのでしょう。

4月からは連載が再開されているのかもしれませんが、あの時期に濃厚だった「娯楽→不謹慎→自粛」といった得体の知れない圧力で日本的なKY回避スキルが発動されていたら…まさかとは思いますけど、穏便に打ち切られた可能性も有り得なくはない気がします。
まぁ今だから口に出来ますが、被災した当事者以外の過剰反応は常軌を逸していた感がありましたね…しかし「不謹慎」云々も身近な声として見聞きした訳ではなく、匿名の投書として報じられた範囲でしか知らないので疑問符付きですが。

ひょっとしたら4月から再開された連載の中で、地震や津波に触れていたりするのでしょうか?
基本的に時事ネタは扱ってきていませんでしたが、天候に関しては時節を取り入れて描いていたような節が感じられるので…。

ところで本作の後半、掲載時期でいえば'11年2月の2週目から登場した新キャラ“シロッポイ”は以後どうなってゆくでしょう。
雪解けの湯気から生まれただけに、また春先に登場するのかな…それにしても読み切り形式で風物詩ネタで週1縛りと、よくネタ切れにならないものです。
末永く、続きますよう。


追記:本書の絵は版画で描かれていると、何巻のか忘れましたがアマゾンのレビューで読みました。
確かに発色の感じといいますか質感が版画っぽいです、浮世絵というか絵草子を意識したのかな?
本当かどうか分かりませんが、そう思うと尚更この漫画が好きになります。


前巻

関連記事:
【最近読んだマンガ】安野モヨコ「ベイビーG」| 2009.06.18
【最近読んだマンガ】安野モヨコ「監督不行届」| 2011.08.26


〈311〉関連あるかもしれない記事:
【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
【最近読んだ本】パール・S・バック(文)、黒井健(画)「つなみ ―THE BIG WAVE―」| 2012.08.06
【最近読んだ本】池澤夏樹「終わりと始まり」| 2014.05.20
【最近読んだ本】ニコンサロン選考委員会(企画・編集)V.A.「Remember 3.11」| 2014.11.25
【最近読んだ本】鍵井靖章「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」| 2015.04.05
【最近読んだマンガ】端野洋子「はじまりのはる」2巻| 2015.04.12
0
    | comic | 2012.05.05 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top