おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
田口ランディ+AKIRA「オラ!メヒコ」

オッス!オラ○○○…ではありません。
なんだよオラって、というのは本書をお読み下さい。

初版'05年、AKIRAは杉田明の名義で著書もある美術家で田口ランディの飲み友達でもあるようで。
で、酒の席での話からAKIRAをガイドに写真家の塩崎庄左衛門こと大将と編集者としては頼りないが胆だけは座ってる青年タッキーの4人で「レッツゴー神秘体験」みたいな…って、そういうチャラいノリの旅はパリNY買い物旅行ぐらいダサいんですけど!

でもね、そこはランディだから…彼女の旅物はベトナムも屋久島もバリも読んでまして、僕は信用に足る人物だと感じているのです。
それと、先日読んだ「ドリームタイム」のメキシコ話の背景に惹かれたのも理由の一つですね…アイヌや沖縄のシャーマンと同様にメキシコのそれが気になったのは、僕も彼の地と多少のご縁があるからでしょう。
実体験に虚構を織り込むような作風と…あ、今回は完全に僕の個人的な忘備録ですが悪しからず。

ガイド役のAKIRAはウイチョル族以外で唯一ネアリカを作った人物で、マサテク族に伝わる儀式のテオナナカトル摂取量を限界突破した経験者だそうで。
故・マリア・サビーアの一番弟子イネスの不在に、ホアンナという別のシャーマンから虫出しの儀式を受ける4人…そして奇しくもイネスの誕生日に、目的の儀式も行われました。

オアハカ行きはランディの直感で決まり、偶然にもそこには会うべき人が…満喜子というヴォイスヒーラーの知己で竹田鎮三郎なる画家に会い、彼から聖なる場所としてモンテ・アルバンとミトラ遺跡を奨められます。
かつて竹田はサポテカ族のシャーマンに弟子入りし、石の呪術を授かっていて…でも石の種族でない彼は自分の祈りを探すように師に言われたのだそうです。
“風の果ての場所”からオアハカに戻った一行は死者の祭りに包まれ、'03年の秋の旅が終わりました。

僕は誰かの旅話を聞いて無邪気に(おれもおれも)ってノリが好きじゃないんです、ですがオアハカには行ってみたくなりましたね。
地元に縁のない観光じゃ詰まらないし、今ではカンクンにも友人はいないけど…前に見た夢の場所も、オアハカだった気がするので。

遺跡に何かを期待する質でもないんですが、冥府に近い風の果ての村には何故か妙に心惹かれるのです。
ちなみに先日の「本日の思ったこと」は、本書を読んでいて浮かんだものです。

ホセ「ネアリカは異なる世界をつなぐトンネルなんだ。おまえはネアリカをつくることが目的で人を集めたつもりだが、じつはネアリカがおまえをたくさんの人たちと出会わせてくれた」
同「アミーゴ、すべての出会いが魂の家族だ」
イネス「マサテク族のあいだで怪我や病気は古い自分が生まれ変わるときの前兆だと言われてるわ」
ランディ(あなたは知っているし、それはあなたしか知らない。だから教えあげることはできない)
タッキー「あたりまえだと思っていたことが、あるときとても崇高に感じられる瞬間ってあるじゃないですか。そのことの本質を自分が理解した瞬間って」
AKIRA「自分たちが理解できないからと言って、他国の文化を野蛮だと思うのは傲慢だよ」
竹田「あなたの体験はあなただけのもの。一番、重要なことは隠しておくんだ」
同「なんでもかんでも表現すればいいってもんじゃないんだ。自分の秘密をもちなさい。そしてそれを一生心にしまって、大切になさい。誰にも侵されることのない、自分をもちなさい」

田口ランディって、嫌いな人は徹底的に嫌いみたいですね…更に本書への感じ方や理解となると、かなり一段と人を選ぶ気がします。
選民意識や優越感ではなく、感覚として分かるかで。


関連記事:
【最近読んだ本】田口ランディ「7days in BALI」| 2008.04.03
【最近読んだ本】田口ランディ「ドリームタイム」| 2012.03.07
0
    | books | 2012.05.06 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top