ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近観たDVD
「佐藤雅彦 短編映画集 キノ」

友人が保存してくれていたのを、今頃やっと見つけて…いや前にも何度か見つけていたが、今回は観る時間も同時にあったという訳。
まぁそんな次第で、本作について詳しい事は分からないので省略…ただし作者に関しては、著者「佐藤雅彦全仕事」も読んだ事あるし多少は覚えが。
電通時代から多数の人気CMを手掛けた映像ディレクターで、他に「だんご3兄弟」や「ピタゴラスイッチ」など知的なエスプリと間抜けなユーモアを湛えた独特な作品をヒットさせている不思議なおじさんだ。

で、本作。
ほとんどがルーマニアで撮影された実写で、なんとなくノスタルジック。
科白は少なく、抑制の利いたシチュエーション・コメディのよう。
仄かな笑いを誘うスキット6つが、淡々と続きます。

ちょっと記憶があやふやなのだけど、確か作者は学生時代に獲得した黄金律みたいな信条を作品作りに活かしていると読んだ気が…いや単なるメソッドだったかもしれないな、それ故にかクオリティやテイストに独自の一貫性があって比較的広く好まれるけど合わない人は一切受け付けないのではないかと思います。
世の中に出る前から(出てから、だったかな)、そういった一種の真理へと到達できる時点で只者ではないし、その真理を様々に展開させる柔軟性も常人離れしているように思います。
感じとしては「相棒」の右京刑事のイメージ。

実のところ好きなんですけどね、もし「佐藤雅彦だぁい好き♪」なんて言う女の子がいたら絶対に仲良くなれないとも思うのです。
観てないけど「ニュー・シネマ・パラダイス」みたいな雰囲気を狙ったあざとさは鼻につきますが、子供たちや街の景色は微笑ましいですね。
ちなみに、もちろん「キノの旅」とは無関係です。
ドイツ語の「映画」に由来するのかも。


関連記事:
【最近聴いたCD】栗コーダーカルテット「笛社会」| 2009.05.24
【最近読んだ本】佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」| 2012.10.06
0
    | cinema | 2012.05.10 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top