ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近観たDVD | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
秋里和国「青のメソポタミア」

お懐かしや、である。
中学時代の女子に勧められて「花のO-ENステップ」を読み始めなければ、僕は妹たちの愛読していた「なかよし」や「別冊マーガレット」で少女漫画は卒業していた筈だ…男子校で回し読みする漫画雑誌の中に「少女コミック」を供給するようになったのも、思えば著者と女子のせいだろう。

しかし著者のゲイものは、僕は好きになれなかった。
何より主人公にマーヴィンと名乗らせたのは、僕の好きなマーヴィン・ゲイを茶化しているとしか思えなかったのだ…だが少女漫画の系譜において、単なる男同士の絡みにゲイというリアリティを付与した点はBL(ボーイズ・ラブ)系の革新だったかもしれない。

著者は吉田秋生渡辺多恵子惣領冬実といった80年代を代表する白っぽい画風の少女漫画家の一人だ。
それ以前に主流だった少女漫画のタッチとは異なり「小顔で簡素化された瞳のキャラクター」や「カケアミ技法よりもスクリーン・トーンを多用した陰影」、「ロットリング・ペンを用いたフラットな描線による建築イラスト的な背景描写」に大きな特徴がある…と、僕は思う。

それはさておき、先の「O-EN」シリーズと「それでも地球は回ってる」以降はBLに走ったと思っていたが、著者は本作のようなSFも手掛けていのだった…なんとシュメール神話をモチーフとした一種のハードSFである、この白泉社文庫の初版は'96年だが初出に関する記載はない。
学園ラブコメでも海外路線でもなく、ライトSFですらない異色作…というのは他の白っぽい少女漫画では珍しい気がするからだ。
その点と宇宙船内の適当な描写は、どこか70年代の萩尾望都佐藤史生を思わせる(なにしろ少女漫画だから松本零士のようにメカニカルなディテールは不要なのだ)。

大筋としてはエンリルという惑星のアッカド王朝による未開惑星探査と皇子アダムの物語であり、その末裔が洪水を生き延びるまでが描かれている。
シュメール神話に題を採った作品では「サイボーグ009」の劇場用アニメが、やはり80年代に制作されていたが…いずれも70年代的というか掘り下げ方が浅くて新鮮味は特にない。
だが本作はSFの器を借りながら、重点は少女漫画らしい人間関係にある。
結論として、設定は大して生かされていないがユニークで面白くはある。


関連記事:
【最近読んだマンガ】秋里和国弐「それでも地球は回ってる」1巻| 2017.08.22
0
    | comic | 2012.05.11 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top