おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近の初体験 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
林海象「我が人生最悪の時」

書棚に並んでた背表紙を見て(お、林海象?)と手に取ったら「私立探偵 濱マイク シリーズ」とあってビックリ、あの映画は彼が撮っていたんだったのかあ!
「俺が掟だ!」のマイク・ハマーを(知らないけど)もじっただけのパロディ映画かと思ってスルーしてましたよ、だって林海象といえば僕は「夢見るように眠りたい」だからな〜。

「夢見るように〜」は切なく幻想的なデビュー作であり、無声映画へのオマージュとしては近頃話題の「アーティスト」より四半世紀も先取りしていました。
世間一般ではどのように評価されたのかは知りませんが、アニメにおける新海誠作品と同様に映像作品のエポックメイキングだったと僕は今でも思っております。

それはさておき、本作。
パロディじゃありません、れっきとしたハードボイルドです。
もしかしたらマイクの小指が飛んだ瞬間に冒頭の事件との関連に気付いた読者もいるでしょうけど、僕はクライマックスまで分かりませんでした。
しかし台湾が絡むのが僕的には切ないです、ただでさえ切ないのが一段と切なく感じて楊とマイクに感情移入してしまいました。
高雄の強面のオッサンを思い出して、国交が断絶してなお友好的な台湾も明るい顔ばかりではないというのは当たり前の事とはいえ…まぁ台湾人でなかったとしても切なくなったと思いますが、あの手紙は泣かせます。


関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】ロバート・ホワイティング「東京アンダーワールド」| 2011.07.26
【最近読んだマンガ】江戸川啓視(原作)、クォン・カヤ(作画)「プルンギル ―青の道―」2巻| 2012.10.25
【最近読んだ本】一橋文哉「外国人ヒットマン」| 2017.07.22
0
    | books | 2012.05.17 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top