ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
ESBJORN SVENSON TRIO「Good Morning Susie Soho」

今は亡きエスビョルン・スヴェンソンによるトリオの、'00年のアルバムです。
前にもレビューを書いてるかもしれませんが、久々に聴き返してみたので。

僕が初めて図書館で借りた時は、既に日本でも有名だったようですね…そりゃあ誰だって(おっ?!)とは思うでしょう、まだジャズは死んでいなかった事を誇らしく発見させてくれる彼らのサウンドは単なるミクスチュアではありません。
ダン・ベルグルンドのウッド・ベースにワウ・エフェクトが掛かっていても、マグヌス・オストロムのドラムスにタブラが重ねられていても、エスビョルンのピアノは北欧ジャズです…って言い切るウンチクなんて持ち合わせてませんけどね、ただ僕はECMレーベルのコンピ盤「ニュー・ミュージック・イン・ベース」と同じヒンヤリとした湿度を感じたに過ぎなかったりします。
大体、ECM=北欧な訳でもありませんですし。笑

いつまで経っても僕はジャズ素人ですから、その感じ方だっていい加減なものなんですよね…要するにE.S.T.の音が好きだって事以外の言葉は、尤もらしい埋め草でしかないんです。


関連記事:
【最近聴いてる音楽】エスビョルン・スヴェンソン・トリオ「グッド・モーニング・スージー・ソーホー」| 2007.07.09
【いま聴いてるCD】エスビョルン・スヴェンソン・トリオ「フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ヴュー」| 2007.07.31
【最近聴いたCD】e.s.t.「セヴン・デイズ・オブ・フォーリング」| 2007.10.11
【最近聴いたCD】ウォルター・ラング・トリオ「エルフ」| 2007.12.29
【最近聴いたCD】エスビョルン・スヴェンソン・トリオ「SEVEN DAYS OF FALLING」(再聴)| 2008.09.03
【最近聴いたCD】EPLE TRIO「MADE THIS」| 2011.01.18
【最近聴いたCD】エレクトロ・デラックス「スターダウン」| 2011.07.20


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Good Morning Susie Soho (Esbjörn Svensson Trio) 』(本当はライブ演奏をご紹介したいのですが尺が長いので・・・ジャケ紹介を兼ねて、こちらを;Sound Only)


『Esbjorn Svensson Trio Dodge The Dodo』(こちらは「From Gagarin's Point Of View」より、ジャケ紹介を兼ねて。ジャズのドラムって感じではないですね、ドラマチックなピアノの音と弓弾きベースの激しさと緊迫した調和を生み出しています)


『E.S.T. - Seven days of falling』(こちらはスライドショーですね、音のイメージから勝手に“線の細い若者”を想像しておりましたが・・・なかなか肉体派な印象ですな!笑;Sound Only)
0
    | music | 2012.05.18 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top