おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
今市子「百鬼夜行抄」11巻

ソノラマコミック文庫、初版は'10年。

飯嶋伶、筆名は蝸牛…その孫、律が本作の主人公。
というか、伶も時たま主人公だったり。
律の従妹で、めっきり出番が減りつつある司。
いつの間にか司の彼氏認定されつつある、基本アッシーのホッシー星野。
司とは別の従姉で、すっかり三郎との恋を諦めつつある広瀬晶。
晶の恋人だったりしたけど、今ではニワトリに入って現世に留まる石田三郎。
律の叔父で、幽界から社会復帰した開。
伶の使い魔で、普段は律の亡父に入ってる護法神の青嵐(あおあらし)。
あとは飯嶋家の庭つき妖鳥コンビ、尾黒と尾白…主な登場人物は、まぁこんなところでしょうか。

今回、目立って大きな変化はありませんが。
前巻の偽カリスマ占い師天羽神鈴奈の付き人だった八代が、何故か晶に接近してきて随所で律&開と鉢合わせするようになりました。
開も律と仲良くなってるどころか本性発揮といいますか、現実に馴染んできて律の使い魔に手を出す有り様…元から伶への造反と過信から異界幽閉状態だったのに、開も懲りないね。

特に印象深かったのは律の母、絹の心情に迫る話です…夫は大病以来すっかり人が変わったようだし(つか中身は死んでるし)一人息子には距離を置かれているしで、そりゃあ伶の娘だろうが零感だろうが“笑顔でいても 心の内には 大きな喪失感を 抱えて”しまうでしょうなぁ。
それと悪意ない人の酷薄さが、今回は際立ってた気が…その辺の描き方も流石ですが、相変わらず謎は謎のままという消化不良さも含めて込み入った筋立てに惹き込まれてしまうのです。


前巻

続巻
0
    | comic | 2012.05.19 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top