ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近の謎体験 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
新井素子「ひとめあなたに…」

27年前の'85年に出版された5冊目の著作であり、前年に脱稿した時の彼女は20歳だったそうで…その若さでこれが書けたのは、まさに作家であるが故にでしょうなぁ。
裏表紙の粗筋から、最初は「復活の日」的な展開だろうと思っていたのですが。

隕石衝突による地球最期の1週間、練馬の江古田から鎌倉を目指して女子大生が彼氏に会いに行くというね…そういう設定なら今でもありそうですよね、でも本作はロードムービーの体をして女性の狂気を描いていたりする訳で。
まぁ僕も著者は(80年代の独特な少女SF作家)といったイメージで、ずいぶん久しぶりに読む文体の80年代臭さは馴れるまで正直キツかったですけど。
それ以上にカニバリズム描写など、文中の言葉でいえば“自己内完結”した女性たちの心理に一種の生臭さが感じられて…しかも展開が面白い訳ではないし、決して楽しい読書ではありませんでした。
それでも何かに惹き付けられて、クライマックスの一大ノロケ大会まで読み切ってしまったのです。

思うに、赤川二郎の解説で指摘されているような様々な欠点こそが本作の最大の魅力なのかもしれません。
日常の崩壊と女の性(さが)、そう言ってしまうとそれまでですが…やはり男性には描き得ない視点であり、若さが故に描き得たのではなかろうかと思うのです。
隕石の衝突もですが太陽の極点移動による磁気異常などといった地球のクライシスが洒落にならない昨今、世界が終わる1週間に自分はどうして過ごそうかと改めて考えてしまったりも。


関連記事:
【最近読んだ本】田中光二「エデンの戦士」| 2009.10.15
【最近読んだ本】星新一「凶夢など30」| 2009.12.24
【最近読んだ本】ロバート・A・ハインライン「夏への扉 新訳版」| 2010.07.30
【最近読んだ本】SFマガジン編集部・編「Sync future」| 2011.03.17
【最近読んだ本】高千穂遙「悪霊都市ククル(上) クラッシャージョウ8」| 2011.10.02
【最近読んだ本】梶尾真治「百光年ハネムーン」| 2012.01.31
【最近読んだ本】日本SF作家クラブ・編「SF JACK」| 2014.02.18
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
0
    | books | 2012.05.23 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top