おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近みた夢 >>
最近読んだ本
司城志朗「MW ―ムウ―」

手塚治虫生誕80周年記念作品」として映画化された同名作品のノベライズだそうです、初版'09年。
そんな映画があったんですねぇ、ちなみに著者は「相棒 −劇場版−」のノベライズも担当してます。

本書を読みながら、しばらく(あれぇ、こんな話だったっけ?)と首をひねってしまいましたよ…原作の漫画を読んでから、ずいぶん経ってはいますけど。
漫画では「生き残った2人の少年による復讐劇」もスリリングに読めたのですが、現代的なリアリティーを加味してゆくほど却って荒唐無稽なサスペンスでしかなくなってしまいました。
やはり漫画の世界を実写で焼き直すには無理があったのではないですかね、映画という尺との兼ね合いもあったとは思うのですが…密な部分と疎な部分のすり合わせが甘かったかも、というか映画のオチも本作と同じだとしたら失敗では?

もしかしたら原作の漫画を読んだのと同じ時期にテレビ番組で初めて大東島を知ったのかもしれません、作中に明記されていたかは覚えていませんが…明治期まで無人だった南海の孤島、中央に池があり鍾乳洞も多いなど(北か南かは分かりませんが)モデルとなった島である事は確実と思われます。
本書では小笠原の架空の島ですが、発表当時は今と事情が違いますからね…ただ原作漫画を読んで以来ずっと、大東諸島はいつか訪ねてみたい場所なのです。
本当だったとしてもおかしくない国家機密の悲劇を盲信しているのでなくて、単純に亜熱帯の絶海の小島という環境に憧れるのです。


〈手塚治虫〉関連記事:
【最近読んだマンガ】手塚治虫傑作選「家族」| 2008.08.23
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻| 2009.06.11
【最近読んだマンガ】手塚治虫「ブッダ」全12巻| 2009.12.25
【最近読んだマンガ】手塚治虫「ユフラテの樹」| 2010.05.29
【最近読んだマンガ】手塚治虫「ガラスの城の記録」| 2011.07.21
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」1巻| 2011.08.08
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」2巻| 2011.08.11
【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫クロニクル 1968〜1989」| 2012.03.30
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」1巻| 2013.01.14
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」2巻| 2013.01.17
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻(再読)| 2013.02.07
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」4巻| 2013.02.01
【最近読んだマンガ】手塚治虫「百物語」| 2013.07.31
【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫の描いた戦争」| 2018.01.07
【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫『戦争漫画』傑作選II」| 018.01.14
0
    | books | 2012.06.01 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top