おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
林 雄司(Webやぎの目)編「死ぬかと思った6」

このシリーズ本を知った頃、まだ僕はパソコンを持っていなかったのかも…ブログ本という認識も、いわゆるコピペ文の存在も知らなかったような気がします。

ずいぶんと久しぶりに見かけて、あの抱腹絶倒を期待しながら借りてきたのに。
あんまり面白くない、というか期待値に達してない。
ヒマさえあればネットのまとめブログなどで「一行で笑ったら○○○」的な記事を眺めてる昨今、笑いに対する僕の感覚は鈍磨してるか逆に研ぎ澄まされてしまったのでしょう。

ところで今回、というか本書の投稿は(おもらし)系に偏っているんですね。
ウェブサイトの運営者である編者も、あとがきで同じ事に触れていますが。
一般の方々がサイトに投稿してくる記事は取捨選択されずに全部採用され、そのまま投稿順で本書にも掲載されたのでしょうか?
いや、だから編者もコメントしてるんだろうけど。

意外だったのは、女性も小学生の頃に結構ウンコもらしてる、という事実。
実は、しばらく前にツレから「女性はウンコネタで笑わない、というか不愉快だから」と宣言されまして。
その時に「男の子は女の子よりも腸が短い→子供時代に一度はウンもら体験→故にウンコ黒歴史の共有が笑いに転換される」という結論に至ったのですけどね。
本書への少なくない報告により、見事に前提から崩れてしまいましたよ。
まさにこれは、トラとウマが出会ってトラウマとして歩き出す瞬間なのでは?

こうして僕は「女性ウンコネタ問題」は(人による)という、しっとりとした最終解決を本書から導き出したのでありました。
もうスッキリ!
0
    | books | 2012.06.10 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top