おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近やったゲーム >>
最近聴いたCD
小野リサ「ソウル&ボッサ」

クインシー・ジョーンズのカバーかと思いましたが「ソウル・ボッサ」ではなくて、ソウル・ミュージックをボサノバ・アレンジでカバーしたアルバムでした。
リリースは'09年とありますけど、作者は前にもボッサ調カバーのアルバム出してませんでしたっけ?

この人が嫌いな訳ではありませんが、なんか「小野リサ聴いてます」ってのは「この人からボサノバ聴き始めた」と言ってるみたいで割とスルーしてたのです。
こう言っては失礼ですが本国じゃあオワコンなのに、あんまり洗練されてるのは違和感があるんですよ。
古い音源のボサノバに感じる好い意味での野暮ったさ、とぼけたような弛さが感じられないのはちょっと…アンテナみたいなフレンチ・ボッサやモンド・グロッソなどのブラジリアン・ハウスは別物だから気にならないけど、例えば「naomi & goro」とかも直系ボッサなのにクリーン&スムース過ぎるのは落ち着かないというか物足りないのです。

僕の感じる(野暮ったさ)というのは、トム・ジョビンが“「ゲッツ/ジルベルト」のリズムはボサノバじゃない”と言ってたような感覚なのかな…そういえば「ポルトガル語じゃなきゃボサノバじゃない」的な話も、どこかで読んだような?
本作にも作者のオリジナル曲と「Nada Mais / Lately」がポル語版で収録されていますが、後者はメドレーではなく単にS・ワンダーの「Lately」がブラジルでは「Nada Mais」として知られているからだそうで…てっきり同名異曲と誤解してた僕としては、完全に期待外れの拍子抜けでした。

内容は無難です、クレモンティーヌがアニソンをカバーしたボサノバみたい。
選曲も有名すぎて誰でもご存知、非の打ちようがありませんけど僕はガッカリ。


0
    | music | 2012.06.11 Monday | comments(0) | - |













    ↑ top