ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近あげた物 >>
最近聴いたCD
ザ・ゾンビーズ「ブリーズ・アウト、ブリーズ・イン」

'11年リリースだしアーティスト名義も「THE ZOMBIES featuring Colin Blunstone & Rod Argent」となっているので、本家ゾンビーズではなくシャーラタンズUKみたいな同名異バンドだろうと思っていました。
実際、解説書なしで音だけ聴いていたら本家と無縁の後発バンドと決め付けていたに違いありませんが…なんと、再結成だったとは!

以前に聴いたアルバムは(劣化ビートルズビーチ・ボーイズ)的な印象でしたが、本作は(素人向けのスティーリー・ダン)です。
でも悪い意味ではなく、取っ付きやすくてラウンジーな聴き心地なのですよ。
まぁ正確にはフィーチャリング表記されてるコリンとロッドの方がオリジナル・メンバーで、本体の中の人はリアル・ゾンビーズじゃなくて同時代の顔馴染みミュージシャン達なのだそうです…どうでもいいんですけどね、紛らわしいなぁ。

ところでビートルズ勢を日本では「リバプール・サウンド」と呼びますが、アメリカでは「ブリティッシュ・インヴェージョン」と呼ばれたそうですね…英国音楽の侵略ですか、インベンション(発見?)ではなかったんですね覚え違いしてましたけども僕は。
プレスリーらが黒人音楽を取り上げた事がイギリスにR&Bを知らしめ、当時は輸入品だったエレキギターを手に入れ易かった港湾都市リバプールを中心にバンド・ブーム発生…それがアメリカに逆輸入されてR&B再発見、ひいてはブラック・パワーの時代へと繋がってゆくんですねぇ。
なんか勉強になりましたよ、本作とは関係ないけど。

前に聴いた2ndアルバムで解散してた彼らゾンビーズも、根強い人気があったからこそ再結成となったのでしょうなぁ…ですがブランクが長すぎたせいか別物にしか聴こえません、僕としては今の方が聴けます。
昔も今も、良くも悪くもオリジナリティはないようですが。


関連記事:【最近聴いたCD】ザ・ゾンビーズ「オデッセイ・アンド・オラクル」| 2008.10.19

その他の関連記事:
【最近聴いたCD】ホリーズ「エヴォリューション・プラス」| 2007.09.04
【最近聴いたCD】ザ・キンクス「ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティー」| 2008.01.13
【最近聴いたCD】ザ・キンクス「マスウェル・ヒルビリーズ+2」| 2008.11.04
【最近聴いたCD】THE BEATLES「REVOLVER」| 2014.05.06
0
    | music | 2012.06.14 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top