ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近あげた物 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
渡部千春(著)、デザインの現場(編)「これ、誰がデザインしたの?」

よく買ってたよなぁ「デザインの現場」、まぁハタチ前の話だから大昔だけど。
その月刊誌の連載に加筆修正を加え、'04年に出版された本なのだそうで。

わざわざ自分の偏見を公にする事は良くないと思うのですが、こういう横文字業界のチャラさってね…職業に貴賤なしって言うけど、個人的に株屋とか土地関係と同様に横文字稼業なんかも世間一般の評価は不適当じゃないかと思ってます。
とか言って厳密な線引きを決めてる訳じゃなく、単に(汗かいてない奴)というアバウトなイメージですが…なので本書の読み方も、かなりバイアスかかっております点は何卒ご容赦を。

中身は日用品のプロダクト・デザインとパッケージ・デザイン、企業ロゴと公共性の高い事物のデザインと4章に分かれています。
サンスター歯ブラシに三菱ユニ鉛筆など、消費者からは些細な事柄でも注がれる知力とお金は結構なもの。
生産効率やコストまで考え抜かれたヤクルト容器の普遍性は見事ですが、マイルドセブン系のパケやらキリンビールの柄なぞ他人事ながら馬鹿馬鹿しい限りで。
文字より色のコンビニ看板や大リーグを微妙にパクるユニフォーム、CIという企業の自己満足とかね。
でも地図のこだわりは納得、パスポートや郵便はがきの技術には驚愕…ただJR東海の「スミ丸ゴシック」押しや成田空港のフォント話となると、重箱の隅っこ的な神経質さに唖然。

日本製品の優秀さは、こういった偏執狂っぽさがあってこそなのでしょうな…もっともらしい御託に大金が動くのは理解に苦しみますがね、仮に末端デザイナーが安月給であろうとも。


関連記事:
【最近読んだ本】広告批評別冊「佐藤雅彦全仕事」| 2008.02.01
【最近読んだ本】オーギュスト・ラシネ「民族衣装」| 2008.12.15
【最近読んだ本】「ミュージック・グラフィックス」| 2009.03.12
【最近読んだ本】アイデア編集部・編「アイデア・アーカイブ 原研哉のデザイン」| 2009.05.17
【最近読んだ本】平野甲賀「平野甲賀 装幀の本」| 2009.09.06
【最近読んだ本】「1980年代のポップ・イラストレーション」| 2009.10.25
【最近読んだ本】「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】山王丸榊「書体の研究」| 2011.04.10
【最近読んだ本】高井潔「日本の暖簾 ―その美とデザイン―」| 2011.05.28
【最近読んだ本】杉元秀樹・杉元賢治「アインシュタイン切手博物館」| 2011.08.30
【最近読んだ本】河北秀也「元祖! 日本のマナーポスター」| 2012.09.29
【最近読んだ本】佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」| 2012.10.06
【最近読んだ本】伊達千代&内藤タカヒコ「デザイン・ルールズ『文字』」| 2013.09.15
0
    | books | 2012.06.16 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top