ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近やってるゲーム >>
最近聴いたCD
ブルース・スプリングスティーン「18 TRACKS 〜 THE BEST OF "TRACKS"」

かつてCDは最大54分と言われたが、今は72分も入ってしまうのだな…まったく今更な話だが、改めて驚いてしまったのだ。→ものすごい勘違いでした、ベートーベンの第九から74分強になったんでした!
'98年リリースの本作、Eストリート・バンド10年ぶりの再結成…まさか“ザ・ボス”の盟友と言うべきバックバンドが解散していたとは、そしてベストと謳いながら「The River」や「Born To Run」が収録されていないとは!
否、本作は4枚組みの未発表曲集「TRACKS」からのベストであり、かつ「TRACKS」収録曲とは別テイクの音源と新たな未発表曲によって構成されているそうで。

意外と言っては失礼だが、ブルースはプリンスにも劣らぬ多作家なのだそうだ。
これまでのアルバム制作において、多くの場合2〜3倍の楽曲を録音してはお蔵入りにしてきたという。
それは常にアルバムをコンセプチュアルに捉え、収録曲がトータルで醸し出す色合いを重視してきた姿勢によるものなのだそうだ。
そのようにしてライブだけで披露されてきた歌や一度も陽の目を見なかった楽曲、あるいは他のアーティストに提供した事で知られている曲がブルースの25年というレコーディングの中から選び出された訳だ。

まさにプロとして世に出る寸前の、オーディション用デモ音源…あの特徴あるハスキーな叫び声ではない、無名の若者のギター1本での訥々とした弾き語り。
翼賛歌として利用されてしまった感のある「Born In The U.S.A.」の原型で「ネブラスカ」収録が見送られた弾き語りには、まるで時系列を超えて既発表バージョンに浴びせられた熱狂へのやるせなさが漂うよう。

コアなファン向けの企画盤といった、全体的に華やかさに欠けるきらいは否めないが…ほろ苦いトラック16からジャジーなR&Bを経て、染み入るようなラスト「The Promise」の3曲には深い燻し銀の煌めきが。
訳詞のストレートなメッセージがまた沁みます。


関連記事:【最近聴いたCD】BRUCE SPRINGSTEEN「The River」| 2012.07.29
0
    | music | 2012.06.23 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top