ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
星新一(著)、和田誠(絵)「奇妙な旅行」

初版'02年の「星新一ショートショートセレクション」です、このシリーズは前にも借りて読んでますね。
新潮文庫の「妄想銀行」と「おせっかいな神々」を底本とした17編ですが、それぞれの表題作は何故か収録されておりません。

収録作品は、どれもエヌ氏らが登場するタイプのスタンダードな星新一作品。
つまり期待どおりの安定したクオリティ、なので改めて申し上げる事は特にございませんのです。
まぁ今更ながら気付いたのは、話の組み立てが四コマ漫画的あるいは落語っぽいといいますか…ラストで一発逆転という、基本に忠実なパターンなんですねぇ。

その王道パターンこそが著者の自らに課した縛りだったのでしょうし、綿密な伏線といいオチの寓意といい、どれも軽やかでいながら読者が思う以上に練り上げられているのでしょう。
和田誠のイラストとの好相性は無毒さを強調しているようでも、本当は作品に潜む虚無感を程よく中和する作用を担っている気が。


関連記事:
【最近読んだ本】星新一「気まぐれスターダスト」| 2007.09.24
【最近読んだ本】星新一「凶夢など30」| 2009.12.24
【最近読んだ本】星新一「たくさんのタブー」| 2010.10.04
【最近読んだ本】星新一「宇宙の男たち」| 2011.08.06
【最近読んだ本】星新一「味わい銀河」| 2011.09.29
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」| 2012.10.17
【最近読んだマンガ】V.A.「コミック星新一 ショートショート招待席」| 2013.07.16
【最近みたDVD】「星新一ショートショート02ダークサイドエディション」| 2015.03.07
0
    | books | 2012.07.07 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top