ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近みたアニメ >>
最近聴いたCD
スパークス「ハロー・ヤング・ラヴァーズ」

スパークスは、ハタチ頃に知り合った男が教えてくれたバンドの一つだ。
イアン・デューリースペシャルズも、テレヴィジョンニック・ロウも…その後の僕のポピュラー音楽的素養を揺るがす事はなかったけれど、彼がダビングしてくれたテープでマニアックな深みは増した。

そんな懐かしのスパークスの名を図書館のCDコーナーで見つけ、手に取った本作に妙な既視感が…ジャケのSPARKSロゴが、偶然にも昔カセットのラベルに使用したフォントだったのだ(テープのインデックス作りには割と神経質だった)。
まぁそんな次第で聴いてみた本作は'06年リリース、そもそも彼らの来歴など知らないし、昔のテープも件の男が編集したものだったと思うが一切記憶にない。
特に惹かれる要素がなかったのだろう、本作の解説書にあるようなテクノ路線だったりクイーンばりのオペラっぽい楽曲だったりしたのか思い出せないのだ。

昔はメイル兄弟の二人組だったようだが、本作からギタリストと女性ドラマーを加えたバンド編成となったのだそうだ。
サウンドはロック・オペラのドラマ仕立てのアルバムみたい、でも訳詞の真面目にふざけたテイストはまるで…モンティ・パイソン(また古い喩えだ!)のラブストーリー劇伴といった印象、場面はシリアスなのに歌の字幕で笑うような。
未だにマニアックなポップ・ミュージック、さすが。
ちなみにタイトルは「王様と私」とは無関係(多分)。
0
    | music | 2012.07.08 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top