おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
パブリック・イメージ・リミテッド「メタル・ボックス」

オリジナル・リリースは'79年、通称PiLのセカンド・アルバムです。
45回転12インチ3枚組を金属缶に収めた作品として有名ですが、そこにはレゲエ/ダブの重低音を再現するための音質的こだわりがあったとか…ピクチャー・レコードや変形アルバムのような、単に奇を衒った訳ではなかったのですね。

中心人物のジョン・ライドンには、どうしても「元ピストルズの」という形容詞が頭に付いてしまいます。
しかしサウンド的な指向としてはパンクの対極ともいえるダンス・ミュージックを意識し、かつニューウェイブ・バンドとしての実験精神を盛り込むという難易度の高そうなスタイルのバンドだったそうです。
当時の音楽シーンに計り知れない影響を及ぼしたろう事は想像に難くないのですが、現代のレベルで聴いてしまうと(音質のよいテレヴィジョン)というか(プロ器材で録ったド素人のスタジオ練習)なのでは?

彼ら、というかジョンの影響力は音楽的側面だけでなく、バンドの活動姿勢としても以降のインディーズ・ムーブメントの大きな原動力となったと思います。
マネージャーを立てず何事も直接交渉によって自らの音源制作を完全にコントロールする、という大胆な発想と実行力があってこそのサウンドであり特殊なパッケージングのアルバムといった成果だったのですね。
それまでレコード会社の介入に従うしかないと思われていた先入観を打破し、次世代の表現活動を解放した…とは誉めすぎですかね、でもアーティストとしては非常にストイックバンドだったような気がしました。

ただし「ピストルズからの反動」といった印象は否めませんよね、一種のシンデレラ・ストーリーで味わった成功と代償を反転させたのがPiLだったような・・・彼自身、ジョニー・ロットンの名を捨てたんですから。
ともあれ音楽史の転換を確認する以外の聴く価値はないかも、まぁ好みでしょうけど。


関連記事:
【最近聴いたCD】ザ・ポップ・グループ「Y(最後の警告)」| 2009.10.02
【最近聴いたCD】PENGUIN CAFE ORCHESTRA「同」| 2014.03.03
0
    | music | 2012.07.17 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top