ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
ライアン・ノース/マシュー・ベナルド/デーヴィッド・マルキ!(編)、旦 紀子(訳)「マシン・オブ・デス」

邦訳の初版は'12年、なので「デス・ノート」や「未来日記(昔のバラエティー番組でなく最近のアニメ)」の関連はないです。
血液から、その人に訪れる死がプリントアウトされるブラックボックス…但し日時や詳細は一切不明、それが“肺気腫”であろうが“アーモンド”であろうが。

巻頭いきなり短い漫画で、恐竜が本書の意図を前説してる…と思ったら、編者ライアンが描いた漫画のアイデアが読者を刺激したという逆の経緯だったそうで。
公募によって集まった500超の話から30作と編者たちの4作が収められた582ページ、まさしく奇想天外な死因や結末に止まらなくなりました。
機械の普及による死生観の混乱や宗教的または政治的な反対活動など示し合わせたような共通の世界観で、読む前から想定し得るエピソードであっても読後の余韻は想定外といいますか。

関係あるのかは知らないけれど、訳者はパウロ・コエーリョの著作を訳した男性と苗字が同じですね…話の書き手が異なっていても訳者が同じせいか、同一作家の連作短編集みたいです。
それから恐竜漫画や各話に添えられた34名のイラストレーターによる挿し絵は「マルジ」「ビバンドム」ほど異国性がなく、逆にいえば日本の作画センスと海外のビジュアルにボーダーがない事を感じました。

死を前提とした東洋的な感覚では、運転中も自宅にいても死ぬ可能性は意識しています…しかし(絶対にして曖昧な死因)の誘惑は厄介ですね、まぁ「関係ないね」って人ほど読むと目ウロコかもしれませんよ。
0
    | books | 2012.07.28 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top