ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
パール・S・バック(文)、黒井健(画)、北面ジョーンズ和子 小林直子 滝口安子 谷信代 弘中啓子(訳)「つなみ ―THE BIG WAVE―」

訳者あとがきは'88年となっていますが、この径書房からは初版が'05年となっております。
著者は'73年に亡くなってるそうで、代表作「大地」は'31年にピュリッツァー賞を受賞してるんですね…なんか文豪のイメージから女性とは思いませんでしたよ、それに少女時代は中国で暮らしていた事も。

'47年に発表された原書には著者の選んだ北斎と広重の版画が挿し絵に使われ、'60年に映画化された時には日本の漁村が舞台となり著者自身も制作に参加したのだとか…まえがきに“この日本についての物語は私の思い出から生まれたものです”とあるように、この短い物語は著者自身の滞在経験から生まれたのです。
著者はどの程度の日数を、どういった場所で過ごしていたのだろうか…どうして、これほど日本的な感覚を理解できたのだろうかと感嘆を覚えました。

未だ東日本災害の地震と津波の記憶も薄れぬタイミングで本書を紹介する無神経さを疑う向きもあるかと思います、ですが僕も今だから手にしたのかもしれないと感じもするのです。
本当は至る所で津波という表現が自粛される気持ちの悪い発想に関わらずに、ただ装幀に惹かれただけなんですけどね。
だから決して本書を311と関連づけて薦めたくはないんです、だけど読んでいて311を思わずにはいられませんでしたけども。

漁師の息子と百姓の息子、百姓一家と裕福な長老。
急斜面の段々畑、入り江の小島で潜った海の深みの恐ろしい冷たさ…予兆、そして隆起する水平線から押し寄せて引いてゆく怪物じみた自然現象の非現実感。
それでも物語は終わりません、家族を亡くした漁師の息子は長老の養子にならず百姓の息子の兄として山に生きる道を選びますが…。

著者の観察力が見通した、彼女が出会った日本人の心性が自然で美しいです。
日本人だからこそ見過ごしてしまう日本人らしい営みの立ち居振舞いが全編に亘って散りばめられ、それによって物語が動きます。
何故、恐ろしく悲惨な津波の痛みを被っても我々は再びそこに暮らそうとするのか?…合理的な思考に陥っていて思い至れずにいた日本的な死生観を、僕は著者から諭されました。

別に日本人らしさとか、べき論なんかじゃあなくて。
著者が見出だしてくれた、人としての有り様の美しさに、素直に感動しました。
という事は僕自身に持ち合わせない心なのでしょう、だけど心の奥底から呼び覚ます事が出来るのかもしれない…古い世代への感謝と、この人々のような有り様で生きたいという思いで。
広くお薦めしたい一冊。


以下はamazonの当該作品レビューより無断引用。
人々を勇気づける名作, 2007/8/26
By Heidi (Hamburg)
レビュー対象商品: つなみ THE BIG WAVE (単行本)

この作品は、戦後まもなく、(戦争のために) 焼け野原になった日本やドイツで、飢えと闘いながら立ち上がろうとしている多くの子供たちを勇気づけるために書かれた名作で、作者が1927年頃に、戦災の中国から疎開して、その数カ月間を過ごした長崎に近い雲仙の農村漁村を舞台して、ストーリーが展開する。

実は、この作品に基づいて、日米合作の映画が1960年頃に制作され、早川雪舟、伊丹十三、ミッキー・カーチス、ジュディー・オング(子役)等の名優がキャストとして出演する豪華版となった。この映画の「津波」シーンの特写撮影のため、映画「ゴジラ」の制作で活躍した名カメラマン円谷英二さんも特別参加している。
ロケは、雲仙の木津(漁村)と伊豆大島の三原山火口で行なれたといわれている。
(夫を亡くした直後だった)作家パール・バックもこのロケに参加して、澤田美喜さん(日米混血孤児を預かるエリザベス・サンダーホームの創始者)などの親友から悲しみに耐える力を得たという。

この映画は米国では上映されたが、不幸にして、日本国内では、なぜか公開されなかった。こうして、長らく「幻の映画」として埋もれていた映画のフィルムが、2、3年前に東京のある映画博物館に保管されていたことが判明して、早速ロケ地である雲仙で、40余年ぶりに初めて公開された、と聞いている。いつの日にか、東京や関西方面でもこの名画が公開されることを期待しながら、この原作を味わってもらいたい。
0
    | books | 2012.08.06 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top