ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日みた夢 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
レイ・ブラッドベリ(著)、金原瑞人・野沢佳織(訳)「バビロン行きの夜行列車」

この記事が投稿されるのは1か月以上先になるだろうから、著者が亡くなった事も記憶から薄れているかもしれないが…先日、新聞で追悼記事を読んだのだ。
それで、十代前半に読んだ初めてのブラッドベリが「黒いカーニバル」という題名の短編集だった事を思い出して懐かしくなった。

記憶が確かなら、そこに「刺青の男」という短編小説が収録されていた筈だ。
ちょうどストーンズが同名のアルバムをリリースしたばかりで、FMの特集番組で耳にして妙に気になっていて…結局そのアルバムには縁がなかった代わりに、といったら変だがブラッドベリに繋がった訳だ。
といっても、その後「華氏451℃」などの代表作に手を伸ばす事もなく過ぎた…どこか怖くて幻想的で切なくて、とても好きだったのに読み広げるでもなく。

本書の原題は「Driving Blind」、初版'98年。
表題作のアイデアは、著者が作品を雑誌に投稿し始めた12歳頃の“ビルの正面を登っていく蝿男の思い出”から生まれたそうだ。
本書に収録された21編には当たり外れがあるし、総じて淡白な印象だった。
元来こってりした筆致ではない筈だが、晩年の作品だからか僕側の記憶補正なのか退屈な程のアッサリ感。

強引に例えるなら星新一だろうか、他の作家には描けそうにない退屈な事柄を独特のリリカルさとユーモアで妙味を醸し出す…まるで米一粒を美味しく食べさせる料理人だ、食べ終わると胃の中は空っぽ。
上等で風変わりな短編は、全盛期の作品と比べようのない別物と心するべし。


関連記事:【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」2012.10.17


〈海外古典SF〉関連記事:
【最近読んだ本】フレドリック・ブラウン「闘技場」| 2010.04.02
【最近読んだ本】ロバート・A・ハインライン「夏への扉 新訳版」| 2010.07.30
【最近読んだ本】シオドア・スタージョン「不思議のひと触れ」| 2010.09.28
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26
【最近読んだ本】アーサー・C・クラーク「宇宙のランデヴー」| 2014.09.29
0
    | books | 2012.08.09 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top