おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近やったゲーム >>
最近聴いたCD
YUSA「Breathe」

名前はスペイン語読みなのでジューサです、本作は'05年のアルバムです。
これはリリース当時に新聞か雑誌のレビューを読んで、キューバの女性ベーシストという点に興味を持って購入したのでした。
やはり現物は既に手元になく、家PCに保存してあった音源を焼いたCDです。

キューバというと長らくアメリカと国交断絶していて、音楽的には「ブエナビスタ・ソシアルクラブ」的なキューバン・ジャズしか思い浮かばないかもしれませんが…90年代半ばのハバナでNGラ・バンダを観た僕は、ポテンシャルの高い若手バンドが凌ぎを削っているイメージがあります。
やはりベーシストであると同時に母親でもあるアーティストといえばミシェル・ンデゲオチェロの方が有名ですが、二人には音楽的にも共通性を感じました。
順番としては、本作を聴いて数年後にミシェルのアルバムを聴いたのですが。

ちなみに男性のベーシストながら、リチャード・ボナのリーダー作でも似通った印象を受けました。
ミュージシャンのソロというと、ファンとしては(役回りに縛られず徹底的に弾き倒す!)といった内容を期待してしまいがちです。
しかし案外そういう露骨な顕示欲を発揮するベース弾きは、僕の知る限りでは鳴瀬喜博ぐらいしか知りません…櫻井哲夫にせよマーク・キングにせよ力点をプロデュースやコンポージングに置いた作りなんですね、ジャコパスも然りで。

本作は敢えてカテゴライズするならジャズ/フュージョンの範疇なのでしょうが、一概には言えない要素に戸惑った覚えがあります。
耳慣れないが故の異質さを聴き込んだ後に、ミシェルやボナのアルバムを聴いた時は(これは言語なのかも)と思ったものでした。
一定のビートや定型のフェーズを繰り返す快感とは違う何か、独創的でありながら共時性を秘めた音楽…とは言いすぎかもしれませんが、僕の耳を開かせてくれたアルバムだったのです。


〈キューバ〉関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「リズム・デル・ムンド」| 2007.11.07
【最近読んだ本】高橋慎一(写真)、yasuo-angel(文)「モンド・キューバ」| 2009.11.18
【最近読んだ本】下川裕治「12万円で世界を歩く」| 2012.06.22
【最近みたDVD】「世界ふれあい街歩き 中南米 ハバナ・クスコ」| 2012.12.07
【最近みたDVD】村上龍「CUBA〜音楽の勝利」| 2013.01.02
【最近みたDVD】「セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!」 | 2020.06.18
0
    | music | 2012.08.13 Monday | comments(0) | - |













    ↑ top