ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
THE MANHATTANS「After Midnight」

マンハッタンズは黒人男性コーラス・グループなので、マンハッタン・トランスファーじゃありませんよ。
全10曲、オリジナル・リリースは'80年…て事は「Black Tie」の前作にあたるのかな(前々作みたいです)、1曲目にグループの代表曲「Shining Star」を持ってきてるから移籍前のベスト盤と思われますが飽くまで僕の推測です(ベストではないみたいです)。
これまた「家のPCから焼いてきたCD」シリーズなので詳細は分かりません、大体このアルバム買った覚えも借りた記憶もないんですけどねぇ〜?笑

彼らとの出会いは十代前半、カセット派だった母から「何かオススメのテープ買ってきてよ」と頼まれてアール・クルー「Crazy For You」と一緒に選んだのが「Black Tie」だったのでした…ちょうどCBSに移籍したマーヴィン・ゲイの「Midnight Lady」と同時期のリリース、折しも時代は田中康夫の「なんクリ」ブームと重なるブラコン最盛期。
アールは既に自分で「Finger Painting」を買っていて、確かそれをカセットテープに録って母にあげた事で頼まれたような。
つまり彼らマンハッタンズは聴いた事なくて、実はFM雑誌の広告で知ったばかりだった気がします…って、すっかり本作とは関係ない思い出話になっとりますな!笑

昔の作品から聴いてきたならば、これでも充分にアーバン・ソウルなテイストに感じるのでしょうけども。
それでも「Black Tie」の曲調に比べると、本作はグッと地味な印象です。
彼らはドゥーワップ期からのベテラン・グループですし、サウンド的にも燻し銀的な手堅さで…逆にいえば優等生すぎて面白味には欠けますね、ハズレもない代わり全体的に小ぢんまり。
そんな次第で、ほんのり華がある「Black Tie」だけで僕には事足りると学んだ一枚だったのでした。
本作で(他も聴いてみよう)なんて意欲は萎えちゃった僕ですが、ベッドタイム・ミュージックとしては安心のブランドだと思います。
ちなみに邦題は「マンハッタン・ミッドナイト」。


再聴【2016.04.14】
0
    | music | 2012.08.16 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top