ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近やったゲーム >>
最近読んだ本
浅川嘉富「源流レムリアの流れ 世界に散った龍蛇族よ! この血統の下その超潜在能力を結集せよ」

タイトル長ぇよ、しかも上から目線なのに胡散臭ぇ!
初版は'11年でヒカルランドなる出版社の超☆わくわくシリーズその13、ちなみに先日の「南の島で洪水に」という夢をみた時期に読みかけていた本です。笑

一言でいえば、限りなく「トンデモ本」に近いです。
でも本文にはタイトルのような尊大さは微塵もなく、恣意的な数字や引用を振りかざす訳でもありません。
著者自身、主観に基づいた自説の荒唐無稽さを承知の上でハードな海外取材を敢行しておりまして…一見“白髪の波平”ライクな著者が果たした試練のトレッキングは圧巻です。
元・損保会社の重役にしては相当マジですよ、体張っての聖地巡礼だもの好きに言わせてやってください。

前半はニュージーランドにマオリ族より遥か昔から暮らすワイタハ族を訪ねた、聖地を巡る著者の壮大なドラマです…シリウス〜レムリア〜シリア〜エジプトの伝承を持つ、由緒正しい龍蛇族の末裔だそうで。
かの地の美しい風景とワイタハの文化に惹かれます。
奇しくもニュージーランド地震直前の折、大正期の天皇と族長の会見など日本と浅からぬ縁を持つスピリチュアルの伏兵を発掘です。

後半では中南米の龍蛇族と交流し、古代遺跡を精力的に観察していきます。
マヤ族の神職でもある養蜂の家系を継ぎ、水や風と会話する術を得た異色の研究者…白人的な推論でなくマヤの思考から、表意文字として従来の倍以上も解読しているフリオ・ロペスの説は地元の遺跡ガイドを唸らせる説得力があるようで。
最新の遺跡や出土品を紹介しながらのケツァルコアトル=龍蛇族=シリウス星人説はともかく、多少はマヤ文明に興味がある僕も素直に楽しめる内容でしたよ。

最後に短く、著者がアマゾン源流のアンデス高地に建てている学校を訪ねる様子がありました…そういえば先日読んだ本でもインディオの教育が話に出てきましたが、決して僕は「与太話で金を稼ぐ年寄りの偽善」などとは思いませんよ?
金を出すだけでなく現地で父兄と交流し、悪路の資材運びに同行する心意気まで斜に眺めたりはしません。

目次の小見出しに「!」マークが多いのはご愛敬。
一種の超能力を持つ少年和宏君や天皇家が龍蛇族の本筋だとか隠された古代日本史など、前著に誘導するような要素もご愛敬で。
この手の話が好きな人には堪らないですね、等身大で読みやすい文章に引き込まれましたが…シリウス=レムリア系の龍蛇族レプティリアンvs.オリオン=アトランティス系の“邪悪な”欧米勢ですか、へぇ〜。
著者の長旅全般をアレンジし通訳を務めた鈴木美穂という方のお話も、ちょっと伺ってみたくなりました。


関連記事:【最近読んだ本】阿刀田高・選「奇妙におかしい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.10

追記1:鈴木美穂という方ご本人のブログ「すずきみほの旅 〜ニンジンを追いかけて〜」を見つけました、職業は“ファシリテーター・先住民系通訳”だそうで・・・ウェブサイトは「laughychildren」、両方とも未読です。
女優や科学者の方とは、おそらく別人でしょう。


追記2:本書にあるウォータークロック(水の時代)とは「みずがめ座の時代」といわれている事柄と同じだと思うのですが、ホピの予言とも重なる要素があって今まで読んだ話の中では最も興味深く感じました。「あまみんの歳事記ブログ」さんの2011年10月19日付の「ちび龍(^0^)」という記事によると、2012年は“壬辰(みずのえ たつ)の年”だそうで・・・不思議な画像があったので無断でご紹介。
あまみんの歳事記ブログ20111019ちび龍
記事には「メル友の知人が釣り上げた不思議な生物」とありますが、釣り針で傷付けちゃったとしたら罰でも当たりそうな神々しさです。
フォトショで加工してるとは思えないですねぇ!
0
    | books | 2012.08.18 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top