ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みたアニメ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
ヘミングウェイ(著)、大久保康雄(訳)「誰がために鐘は鳴る」下巻

上巻は「アメリカ男がスペイン内乱の最前線でレジスタンス女とイイ仲に」としか覚えてませんけど、この程度の要約で充分でしょ。
まぁ発表当時は遠くの戦争を疑似体験するスリルが味わえたのでしょうせんけどね、克明すぎるといいますか映像をすべて活字にしているようで今の感覚では単調で眠くなっちゃいます。
ところが下巻は打って変わって盛り上がり、上巻の酷さを許したくなりました。

だけど相変わらず「糞」という語句が頻出しますし、延々と悪態つかせるのは主人公がレジスタンスを(粗野で学がない)と見下している意識の表れだとしても…毎回こんな調子の会話に付き合わされるのは読んでる方もウンザリなのです、心情的な伏線になってはいますが読む気が失せます。
しかし不思議と、様々な場面が匂いや湿度を伴って印象強く心に残りましたよ。
主人公の迷いと著者の晩年を重ねてみたりも。

“前にだれかが、こんなふうに行動したかどうか、おれは知らない。しかし今後も、似たような苦境におちいったときには、こうする人間が、つねにいるだろう。”…この部分でちょっと、ソローの「森の生活」を連想しました。
「No man in an island」という昔から心に残っている言葉は古い詩の書き出しで、本書の原題がその結句なのだそうです。

著者の短編を好きだと思った僕の記憶は間違ってたのか正しいのか、ともあれ古典的な長編小説に歴史的な予備知識は必須ですね。
せめて時代背景なり経緯なりを知らないと、気持ちが入り込めません。


関連記事:【最近みたDVD】「誰が為に鐘は鳴る」| 2013.03.04
0
    | books | 2012.08.21 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top