おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近みたマンガ >>
最近聴いたCD
FU MANCHU「In Search Of…」

フー・マンチューはアメリカのバンドで、確か既に解散してる筈だ。(←してなかった、健在でした!
彼らはストーナーズ・ロックという分類になるらしいが、よく分からない。
アルバム「King Of The Rord」を聴いて、僕は一発でノックアウトされた。
自分でもどこが好いのか分からないストレートなロックンロール、ジャケットのセンスも最高だと思った。

'96年の本作は彼らの2作目3作目で、リリ−ス順では「King〜」が5作目にあたるようだ。
正直「King〜」とは似ても似つかないサウンドだったら、という恐れから僕は他作を聴かずにいた。
だがそれは杞憂だった、力押しの豪速球…軽快さの欠片もないヘビーなリフ、タイトで乾いたサウンド。
感嘆するような技巧はないし平板な曲調だから、数多あるガレージロック・バンドと大差ない気もするが。

アルバム・タイトルはヒップホップ/ミクスチャー系のバンドにも同名のアルバムがあったが、確か“アメリカのSFドラマか何かの有名な決め台詞”とかどこかに書かれていた気がする。
徹頭徹尾、爆音を轟かせて物憂げに車を走らせる訳詞はスピード感ではなく重量感にあふれている。


以下の動画は、視聴環境によっては閲覧できないかもしれません

『Fu Manchu Cyclone Launch』(Sound Only)
0
    | music | 2012.08.31 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top