おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだ本 >>
最近みたマンガ
寺沢武一「SPACE ADVENTURE COBRA THE PSYCHOGUN VOL.1」

これは先日買った、プレイステーション・コミックという代物です。
要するに(ゲーム機で見るケータイ・コミック)というところですね、紙芝居に効果音が付いた感じです。

リリースが'98年という事は、とっくに連載終了してますよね?
本作は新たに起こした専用ストーリーなのでしょうか、火星を舞台に美女博士と化石虫の秘密に迫ります。
もちろん海賊ギルドとのドンパチはありますし、宿敵クリスタル・ボーイも登場しますが…「VOL.1」だけあって、面白くなってきたところで幕切れです。

僕としては原作の第1話を期待してたんですよ、あの「トータル・リコール」みたいな…というか順序でいえばP.K.ディックをコブラがパクったのだとしても、連載開始でガッチリ心を掴まれたエピソードなので最も印象深いのです。
とりあえず何巻まであるのか分かりませんが「VOL.2」を入手するのも難しそうな気がします、まぁ必死になって続きを見ようって気持ちにはなりませんけど。

所要時間はオートプレイ遅いモードで1時間ちょっと、最速でもオープニングからスタッフロール&次回予告まで見たら同じ位じゃないかなと思います。
作者は連載当時から(?)CGで原稿制作を始めていましたよね、でも本作では原作と原画のみを担当されたようで…データベースのショボいタートル号とか、本編のコブラが小悪党じみた表情なのとかはCG原稿を流用すればマシになってたんじゃないのかと勝手ながら残念に思ってしまいました。
以下の画像は原作の第1話より。
スペース・コブラ 1(←左クリックで拡大表示されます)
スペース・コブラ 2(←左クリックで拡大表示されます)
スペース・コブラ 3(←左クリックで拡大表示されます)

関連記事:
【最近読んだ本】フィリップ・K・ディック「トータル・リコール――ディック短篇傑作選」| 2013.04.30
【最近みたDVD】「COBRA THE ANIMATION TIME DRIVE」VOL.1」| 2016.10.18
【最近みたDVD】「COBRA THE ANIMATION TIME DRIVE」VOL.2」| 2016.10.20
【最近みたDVD】「スペースアドベンチャーコブラ」| 2018.02.03
【最近みたアニメ】「スペースコブラ」第1話「復活!サイコガン」| 2019.03.30
0
    | comic | 2012.09.01 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top