おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近やったゲーム >>
最近聴いたCD
1910 FRUITGUM COMPANY「同」

遂に出会ったか!という感じですわ、元はといえば赤ジャケこと新ルの番組タイトルで(これ元ネタありそう)と思ったのが始まりで…その後ラヴィン・スプーンフルに代表されるバブルガム・ミュージック系のバンドだと分かったものの、ご縁がなくて今まで未聴のままだったのであります。

バブルガム・ミュージックとは、60年代後半のロック黄金時代に咲いた徒花といいますか…お子さま音楽と呼ばれる位に当時のアメリカの世相を無視した、ハッピー&ポップ指向のロックを指す用語らしいです。
でもその実態はカーマ・スートラ・レコードと子会社ブッダ・レコード主導のブームで、量産→ネタ切れ+飽和と70年代を迎えずに終息してしまったそう。

彼ら1910 フルーツガム・カンパニーが'68〜'69年の2年でリリースしたアルバムは5枚、ボーカル以外は2回も全交換されてます。
要はブッダの所属ミュージシャン内で組み合わせを替えては膨らませていたバブルだったようで、先行したラヴィンのような確固としたバンドではなくモータウンなどR&B系のシステムだったのか…しかも流行りの後追いっつーか二番煎じだけに新味はなく、まぁロック史の勉強になる程度。

本作は'94年リリースのベスト盤で、訳詞はないけど解説が充実してるし全24曲の紹介文も説得力あり。
最大の聴き所は「サザエさん」元ネタ曲と突如「Shaft」っぽい路線転換にドキッとするラスト曲ぐらい…という次第で、ラヴィンアソシエイション辺りを聴く方が賢いチョイスかと。


以下の動画は、携帯などでは視聴できない場合もあるかもです

『1910 Fruitgum Company-Bubblegum World』(サザエさんェ・・・)


『1910 Fruitgum Company - Creations of Simon』(こちらがラスト曲、遅すぎた方向転換?;Sound Only)
0
    | music | 2012.09.03 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top