ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
高橋克彦「星の塔」

著者の作品は以前に短編を幾つか読んだだけなのだが、民話を活かした時代小説は伝奇物の新機軸というか他にない妙味があった。
割と新しい作家なのかと思っていたのは僕の浅学ゆえで、本書に収められた作品は25年ほど前に発表されたものばかりだ。

7つの短編は、どれも現代を舞台にしている…といっても、やはり80年代後半という懐かしさが端々に漂っているのは否めない。
ところがこの、作中との“今”という共通認識のズレが思いがけない効果を生み出している気がする。
祖父の代、曾祖父の代あるいは更に古い時代との間を話が行き交う際に、此方の着地点が読み手の意識と作中人物で感覚的に重ならないのだ…自分の属する世界である筈の“今”が読み手の“今”ではない、このブレた感じの落ち着かなさに足許を掬われるようで。

著者は東北地方各地の民話に詳しく、それらが常に重要な役割を果たしている。
都会人である主人公が岩手や青森などの僻村と因習に囚われてゆく、というパターンは未読ながら横溝正史に似ていなくもないかな…探偵や刑事が出て来はしないものの、謎を解き明かしながら核心へと進む展開は金田一耕助を連想させる。

個人的には主人公の思考や行動に同性ながら違和感を覚えるが、民話の扱い方が上手いだけでなく著者の敬意が感じられて好きだ。
伝奇怪談とも和風ホラーとも異なる、喪失感や寂寥感に近い余韻の独特さが。


関連記事:
【最近読んだ本】石井正己「図説|遠野物語の世界」| 2008.03.04
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱| 2012.09.16
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】高橋克彦「ホラー・コネクション」| 2016.08.15
0
    | books | 2012.09.11 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top