おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
FISHBONE「モンキーの惑星」

原題「Give A Monkey A Brain And He'll Swear He's The Center Of The Univers」…長いにも程がある!
'93年リリースの本作は彼らの6枚目だそうで、僕が1&2枚目だと思っていた「In Your Face」「Truth & Soul」はそれぞれ2&4枚目だったんですな…何故そう思い込んでいたんだろうなー、今となっては知る術もありませんが。(→フルアルバムとしては、やはり1&2枚目で合ってました)

スカ+Pファンクをポップに仕上げるスタイルはフィッシュボーンならでは、ただしエレクトロ・ポップ寄りの「In Your〜」やハードな「Truth &〜」のテイストとはなんか違ってて。
敢えて言うならそれらは(80年代っぽさ)ですかね、飽くまで本作と前2作を比べた印象ですけれども。
言い方を変えれば本作もまた、90年代前半の空気がさりげなく織り込まれているのと感じ取れるのです。

スムース・ジャズ的なコード遣いや変拍子メタル、あと部分的にプリンスの「Lovesexy」を連想したりも…優れた演奏スキルと時代の嗅覚だけでなく、盛り過ぎない案配まで心得た作り。
逆に言えば無茶苦茶なようで予定調和の、突出した何かに欠けていたのかもな…というかね、ミクスチャーに徹した中に虚無性が潜んでいる気もしてきます。

本当は新しい音楽を追究できる器なのに、そっちには行かず遊び呆けてる的な。
あるいは背伸びしないで楽しくやってる賢さと不真面目さ、シリアスな歌詞と軽薄なサウンドの妙こそが粋でありポップであるとか…結局は好みの問題なんですよね、レピッシュが好きな人なら抵抗なさそうです。


関連記事:
【最近聴いたCD】FISHBONE「IN YOUR FACE」| 2008.06.20
【最近聴いたCD】FISHBONE「Truth And Soul」| 2013.06.24
【最近聴いたCD】FISHBONE「THE REALITY OF MY SURROUNDINGS」| 2014.08.16
0
    | music | 2012.09.15 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top