ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
杉浦日向子「百物語」

夏だから、という訳でなく時折ふと読み返したくなるのが著者の漫画でして。
若くして夭逝されたからに点数は限られているのもあり、また史実に材を得た時代物も味わい深く甲乙つけるなど出来かねますが。
やはり神仙怪異譚の筆致は、ことの外に著者の冴えを感じるのであります。

本書は'88年発行の新潮社版、小説新潮にて掲載された'86〜'88年分の29話を収録しております。
これまで読んだ同名の本はダイジェスト形式だったようで、未読の話が本書には多く収録されていたのは嬉しい偶然でありました。
偶然といえば、巻末に寄稿しているのが今しがた読み終えたばかりの高橋克彦…しかも彼の短編集の作品初出が、本書に収録された分の掲載月と僅か4か月違いであるという微妙なご縁。
著者を意識したらしき座敷わらしの話も、先の短編集に収録されておりました。

しかし同時に借りた漫画と小説に偶然が重なった所で、所詮それは僕の身に関わる事ではありません。
本書で描かれる百物語のほとんども、確かに奇妙ではありますがそれが作中人物の身上に何を及ぼすという話ではないのです。
及ぼすにしても何が始まるでもなく、中国の志怪の如く情感も解釈も挟まない…怪異を信じるでも疑うでもない、フラットな眺めにこそ著者の凄味を感じます。


関連記事:
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12       
【最近読んだ本】杉浦日向子「江戸へようこそ」| 2010.10.01
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「二つ枕」| 2014.02.20
0
    | comic | 2012.09.16 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top