ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
河北秀也「元祖! 日本のマナーポスター」

名前は知っていたけれど、その仕事については知らなかったデザイナーによるユニークな切り口の作品集。
70年代に現・東京メトロで展開された公共広告を、作者自身が現代('08年)の視点で解説する構成です。

当時は“広告代理店など鼻も引っかけない”公共広告を変革して「パロディ広告の元祖」と呼ばれながら、ジョンウェインの財団に自腹を切ったりと肖像権問題での試行錯誤が生々しい。
また旧・営団地下鉄の予算切れで打ち切り寸前にスポンサーを探し、地下鉄構内の広告スペースや売店の権利を持つ現・メトロ文化財団が予算を計上するまで繋いだ裏話なども面白い。

デザインはマーケティングの上位概念であり、デザイナーとはコピーライターやイラストレーターなどのディレクターなのだ。
しかし本来ならば“人間の幸せ”のために世の中の諸々を調整していく行為である筈の「デザイン」が日本では応用美術と訳され、その実際は単なる産業美術となってしまっている。
さすが昔からの職業人は弁えてらっしゃる、こういうのは一般人こそ知っておいた方が好いと思う。
“造形力と創造力とはまったく違う能力”なのだ。

“地下街の路線図やサイン、自動改札機などもできるだけ人と人とを接触させないための仕掛けである”
“20代の頃、あれだけ関心があり、新鮮さを感じていた現代美術の作品がガラクタの山に見えた”
「初心」とは“物事に慣れてはきたが、ある時自分の方法論が通じなくなり、どうやっても壁を乗り越えられなくて努力に努力を重ねている時期のことをいう”
意外な含蓄に富んだ一冊。


関連記事:
【最近読んだ本】広告批評別冊「佐藤雅彦全仕事」| 2008.02.01
【最近読んだ本】オーギュスト・ラシネ「民族衣装」| 2008.12.15
【最近読んだ本】「ミュージック・グラフィックス」| 2009.03.12
【最近読んだ本】アイデア編集部・編「アイデア・アーカイブ 原研哉のデザイン」| 2009.05.17
【最近読んだ本】平野甲賀「平野甲賀 装幀の本」| 2009.09.06
【最近読んだ本】「1980年代のポップ・イラストレーション」| 2009.10.25
【最近読んだ本】「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】山王丸榊「書体の研究」| 2011.04.10
【最近読んだ本】高井潔「日本の暖簾 ―その美とデザイン―」| 2011.05.28
【最近読んだ本】杉元秀樹・杉元賢治「アインシュタイン切手博物館」| 2011.08.30
【最近読んだ本】渡部千春「これ、誰がデザインしたの?」| 2012.06.16
【最近読んだ本】佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」| 2012.10.06
【最近読んだ本】伊達千代&内藤タカヒコ「デザイン・ルールズ『文字』」| 2013.09.15
0
    | books | 2012.09.29 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top