ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近おもったこと | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」

佐藤雅彦っていうからCMディレクターの人かと思ったら、こちら大学教授だそうで…じゃあ人違いか、といえばそうでもない感じ?
そこら辺は明記されてる訳でもないので断言は出来かねますが、発想とか文章からすると同一人物っぽい。
'08年刊、素人が読んでも面白い3年間の研究報告。

本書の内容は、大学教授と彼のゼミ生2名による「差分」の研究です…って、その「差分」が何かですが。
例えば何枚かの絵を見て、その違いに何らかの関連性を見出だす脳の働きです。
簡略化されたアニメーションに近い要素ではありますが、止め絵と止め絵の間に動きを感じる意識の側に注目してる訳なのですね。

この立ち止まり方が佐藤雅彦らしい気がします、みんな(ん?)と思いつつも何となく通り過ぎちゃう部分を何となくでは済まさない…曖昧さを見逃さず、かつ外在化できるって凄いです。
だって何となくな了解から(えっ、何それ)への展開に飛躍がないんですよ、かつてはそこに賢い人がベタな笑いを取りに行く処世術臭さを感じていたのですが。
本書を読んで、自分の思い違いに気付いた次第です。

そういえば「キノ」という短編映画集の中にも、点の動きと効果音だけで蝿とか蚊などを描き分けるアニメーションがありましたが…本書のきっかけも教授になる前夜にメモした2つの点描で、それが“ジャングルジム男”のような錯視へと掘り下げられていきます。
それは意図的なトリックを刷り込むテクニックに応用できそうですし、超常現象と錯覚する心理の論拠を示唆しているようでもあり。


関連記事:
【最近読んだ本】アイデア編集部・編「アイデア・アーカイブ 原研哉のデザイン」| 2009.05.17
【最近読んだ本】平野甲賀「平野甲賀 装幀の本」| 2009.09.06
【最近読んだ本】「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
【最近読んだ本】渡部千春「これ、誰がデザインしたの?」| 2012.06.16
【最近読んだ本】河北秀也「元祖! 日本のマナーポスター」| 2012.09.29
0
    | books | 2012.10.06 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top