ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近やったゲーム >>
最近読んだ本
赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」

'05年にポプラ社から刊行されたアンソロジー、解説によると“この巻のテーマは、ある種の〈癒しと再生〉”だそうです。
編者は「本の探偵」だそうで“子どもの時に読んでタイトルを覚えていない本を探す”というユニークな活動を中心に、児童文学評論家や図書館棚づくりプロデューサーといった肩書きの持ち主でもあります。

本書の最初に収められているのは、専業作家ではなくイギリス在住の小学6年生が'93年の“こどもたちの手紙コンクール”で最優秀賞を取った作品です。
「火星の大統領に宛てて地球に赴任した査察官が送った報告」という体裁で、実際の便箋にタイプされた原文も紹介されています。
プロ顔負けとはこの事で、日本でも絵本として出版されてますが大人の僕も(人類に地球を管理させるべきではない)と思いますね。

小松左京「お召し」は、前に読んだ選集にも収録されてました。
さねとうあきら「むぎひとつぶ」は絵本として発表された当時は“こんな暗い話を子どもにするな”という馬鹿げた批判もあったようですが、冒頭の「地球からの手紙」に近い寓話で僕は結構好きです。
カート・ヴォネガットの「武器なき世界」では、以前読んだ「超能力戦隊」の発想を思い出してしまいました。

最後はフレドリック・ブラウンで「ウァヴェリ地球を征服す」という、正体不明のエイリアンに電気を食われて蒸気と馬力の時代を迎える人類の物語…この設定で45年後の現在を舞台にしたスチームパンクが読みたくなりました、ラジオやテレビどころかインターネットも携帯電話もない現代を想像するとワクワクしてしまうのは何故かな〜。笑


〈SFアンソロジー〉関連記事:
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」| 2012.10.17
【最近読んだ本】大森望・編「時間SF傑作選 ここがウィネトカなら、きみはジュディ」| 2014.01.22
【最近読んだ本】日本SF作家クラブ・編「SF JACK」| 2014.02.18
【最近読んだ本】伊藤典夫(訳)「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近読んだ本】浅倉久志(訳)、大森望(編)「きょうも上天気」| 2015.01.09
【最近読んだ本】山岸真(編)「90年代SF傑作選〈上〉」| 2015.03.14
【最近読んだ本】V.A.「2030年の旅」| 2019.01.04
0
    | books | 2012.10.09 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top