ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みた夢 | main | 最近やったゲーム >>
最近読んだ本
中里和人「グリム Signboard Painter」

初版'11年の写真集ですが、この人は写真家かなぁ?
(如何に撮るか)ではなく(何を撮るか)というような、考現学的に写し取った現実から何かを提示するっぽいな…それは巻末の、南伸坊との対談と履歴から推測してるだけなのですけど。

かつて当たり前で目にも留めなかった物事が稀少になった今だから、でしょう。
グリム童話に例えて命名された、褪色した手描き看板絵の醸し出す不安な美と甘い怖さ…時にホックニーやベーコンの気配さえ感じさせる、不気味な訴求力と瞬発力は息苦しくもあり。
“かつて謎の浮世絵師・写楽がいたように、このクニには、謎の看板絵師・グリムがいて、いたるところに不思議絵を残していたのだった”と、あとがきにありますが勿論ウソです。

対談ではニコ・ピロスマニやアルフレッド・ウォリスという画家が挙げられていますが、原マスミも同じ系譜に連なっているのかも。
また技量よりも“ドロッとはみ出してくる”感覚は、僕が音楽をロックで測る基準に近い気が…絵でいうとベーコンや原も、その辺を意図していそうですね。
ディレクターが介在しない商業美術だからこその純粋さ、記号化されていない直截さ…やはり本書の写真は巻末対談を楽しむ前フリで、写真集とは呼べません。

“プロがプロの観客に向けて表現する”純粋芸術や“プロが素人に向けてする”大衆芸術と分けて、限界芸術という“素人が素人に向けて作る”作品の呼称があるそうで…確かに“プロはフォルムとかスタイルとかの合格基準というものがわかるから”詰まらない作品も多いし、逆にそんな小器用さや洗練を持たない力押しからヒットしてくるハプニングもあるのだなぁ。
なるほど60年代の即興芸術が志向した反権威主義と、それが一過性に終わった理由も分かりました。

限界芸術とは常に、名もない市井から純粋芸術に撃ち込まれる一発なのです。
その野生を飼い慣らしつつ作家としての平均打率を維持する試みに敗れたのが、前衛と呼ばれた芸術家たちの実像だったんですなぁ。
ポロックなんて権威が美術史教材として拾った標本だし、それを作風で回避したのがベーコンなのでは?


関連記事:
【最近読んだ本】小林伸一郎「神様 OH MY GOD!」| 2011.03.10
【最近読んだ本】大黒秀一「転がる日本にバカ満ち足りて あきらめの楽園へ」| 2011.10.23
0
    | books | 2012.10.12 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top