おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近みた夢 | main | 最近やったゲーム >>
最近聴いたCD
見砂直照と東京キューバン・ボーイズ「津軽の休日/メモリーズ・オブ・ジャパン〜ラテンリズムによる日本民謡集」

'99年のCDですが前半の9曲は'70年の「津軽の休日」、後半12曲は「メモリーズ・オブ・ジャパン〜ラテンリズムによる日本民謡集」という'66年のアルバムの2in1だそうです。
てっきり僕は(東京パノラマ・マンボ・ボーイズから派生した比較的新しいバンドだろう)と思ってましたが、むしろTCB(東京キューバン・ボーイズ)の方が大先輩という訳ですな。

(日本民謡のリズムをラテンにアレンジすると、どうなるんだろう?)
そんな興味から本作を手に取ったのは、しばらく前にYouTubeで見た“YMOと松武秀樹が民族音楽のリズムを解析する”映像に刺激されたからでした…70年代後半の最新器材で1拍を細分化して、微細なグルーヴを数値化していました。
また「ボサノバはジャズではない」と言われるのも、本来のグルーヴをないがしろに…というか4ビートに解釈するジャズメンの、似非ボサノバ批判だそうで。

それはともかく、本作。
オリジナルの発表年代を考えると、昭和のマンボ・ブーム衰退期に企画された安直な和洋折衷っぽい感じ。
少なくともグルーヴ云々、といった小理屈抜きで制作されたと思われます。
前半「津軽の休日」は木田林松栄の三味線と浅利みきの歌を前面にフィーチャーして、TCBはご両人の呼吸に合わせたブラス・アレンジといった雰囲気。

後半はTCBの独壇場で、原形を留めぬほどのビッグバンド・スタイル…そもそも原曲自体よく知らないで迂闊な事は言えませんが、前半が民謡7:ラテン3とすれば後半は民謡1:ラテン9という位の印象。
ぶっちゃけベンチャーズのJPOPとか、そういう発想のそういう感じかな。笑


0
    | music | 2012.10.12 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top