ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」

先日の「未来世界へようこそ」と同じシリーズです。
'05年の初版ながら、巻末に全7巻の紹介が載っている…つまり順番にではなく同時に出版されたのですね、これらはきっと。

まずは星新一「午後の恐竜」、地球全体が見ていた最期の走馬灯ですか…巨匠H・G・ウェルズとアーサー・C・クラークは共に個人の時間認識を加速する事で相対的に世界が止まったように知覚させる話で、アーサーの方はブラック・ユーモアが効いています。

かつては“日本のアンデルセン”と呼ばれたという小川未明の「時計のない村」は読み手によって寓意が変わる傑作、吸血鬼の未来逃避行という皮肉なパロディSF「血」は名手フレドリック・ブラウンの懐の深さを感じさせてくれます。

佐藤史生の漫画作品梶尾真治「美亜に贈る真珠」のように隣り合った二つの時間(世界)の断絶を描き、SFという装置なしでは描き得なかった切ない余韻がSFならではの醍醐味を満喫させてくれます。

ブラッドベリの「トインビー・コンベクター」は直訳すると(歴史学者・暖房機)ですか、そこが分からないので今ひとつではありますが…しかし絶望的な世界に希望を灯した“ひとりの男のひとつの嘘が生みだした世界”とは、まさにSFが果たしてきた役割そのものだったと思えてきます。


〈SFアンソロジー〉関連記事:
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
【最近読んだ本】大森望・編「時間SF傑作選 ここがウィネトカなら、きみはジュディ」| 2014.01.22
【最近読んだ本】日本SF作家クラブ・編「SF JACK」| 2014.02.18
【最近読んだ本】伊藤典夫(訳)「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近読んだ本】浅倉久志(訳)、大森望(編)「きょうも上天気」| 2015.01.09
【最近読んだ本】山岸真(編)「90年代SF傑作選〈上〉」| 2015.03.14
【最近読んだ本】V.A.「2030年の旅」| 2019.01.04
0
    | books | 2012.10.17 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top