おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近あげた物 | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
江戸川啓視(原作)、クォン・カヤ(作画)「プルンギル ―青の道―」2巻

エドガー・ケイシーって何者だっけ、医者か?…ってそれじゃあケーシー高峰になっちゃうな、刑事だったか催眠術師だったように思うんだけど覚えてないや。

話は日韓で発生している連続猟奇殺人事件を追う刑事たちのサスペンス、そこに絡む歴史ミステリーを骨太に描いております。
全身を捻り上げられた特殊な遺体と血文字のメッセージの謎を追うのは中年刑事の猪瀬と若手の佐川…そして韓国の刑事職を解かれてしまった青年、姜青道。
血文字の正体は、豊臣軍の朝鮮出兵で現地に与した日本人武将・哀美里(えみり)の兵法と判明します。

読んだ夜は脈絡ない夢を見続けましたよ、轢死体とかソウルで買い物してる場面とか…本作の影響としか考えられないんですけど、そこまでのインパクトは読んでいて感じなかったのに。
もしも意識下に何かを刷り込んでくるのかと思ったら恐ろしくなり、ちょっと続きを読む気が失せました。
日韓の過去に向き合う事を避けようって話じゃなくて、本作にギミックが仕込まれていたらフェアな見方が出来なくなりそうだから…これまでも関心を持ってきたけど、悪夢まで見せられたくないのですよ。

あと、絵が独特です。
劇画を中心にギャグ系まで様々なタッチを取り込んでますね、それがコマ毎に貼り絵みたく描き分けられている…まるで異なる作風の漫画家が分担作業してるような、非常にちぐはぐな印象で落ち着きません。
画力は高いのですけれど、所々(何故この場面でそういう描画を思い付く?)っていう不自然さが凄い。
きっと無意識に僕らは日本漫画の表現セオリーを了解してるんだろうな、とはいえバンドデシネではこういう違和感ないんだよね。
まだ自分の絵柄を確立してないんだな、本作の人は。
0
    | comic | 2012.10.25 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top