おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
JOYCE MORENO「Rio De Janeiro」

ジョイスとジョイス・モレーノが同一人物であるような気は薄々してましたが、やはり改名してたんですね…本作は'11年の、ジョイス版「声とギター」ともいえるアルバムです。
ジョイスといえば個人的には「See You In Rio」で、ラスト15曲目のオリジナル・バージョン「Tardes Cariocas」が嬉しい限り。

リオっ子(カリオカ)の午後、昔は春が最高だったけど今は夏が好き…そんな歌詞とは裏腹に、今では秋こそが“日本の桜の季節に比肩するくらい特別”とライナーノートに記した彼女の地元愛が詰まったアルバム。
ちなみにリオデジャネイロは直訳すると「River of January」だそう、まさに南半球のリオは夏の盛り…その季節にイパネマ海岸で開かれたソロ・ライヴが、本作の元になったのだとか。

“ビキニの上にワンピースを着て、ビーチサンダルを履き、手の届くところにココナツ・ジュースを置いて、私は歌った。”
寛いだ空気を漂わせながら、彼女が敬愛するアーティストの作品を多く取り上げています。
リオのオフィシャル・ソング「素晴らしき街」や、中村善郎も「ルミノーゾ」取り上げていたカエターノの曲などなど。

ジョイスの柔らかな声はもちろんとして、僕は彼女のギター演奏にも強く惹かれるものを感じます。
今まで「Sunday Lovers」などアルバムでは2枚位しか聴いてませんが、ギタープレイが際立っている本作はシンプルでいて満ち足りた出来映えかと思います。




*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Joyce Moreno - "Tardes Cariocas"』(こちらは「See You In Rio」のオリジナル、ポル語バージョンですね。直訳するとリオっ子の午後;Sound Only)


『Madlib & Joyce Moreno & Generation Match - Banana』(彼女も「Red Hot & Rio 2」に参加してたんですな、クレジット見落としてました;Sound Only)
0
    | music | 2012.10.27 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top