ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みたアニメ | main | 本日の思いつき >>
最近読んだ本
阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」

光文社が読者から募った「奇妙にこわい話」から選ばれた31編を収めた、文庫書き下ろし(?)作品集です。
初版は'07年ですが、このシリーズ自体は'97年ぐらいから毎年のように出版されてきているようです。

巻末の選評を読むと、やはり最重視されるのは文章力として…題材のユニークさとオチに至る筋運びという作家の目線であって、オカルトめいたり暴力的な恐怖などは好まれないようで。
「現実は小説より奇なり」と言うには類型的ですが、体験者ご自身が記しているダイレクトさは地味な味わいがあります。
なので「正体見たり枯れ尾花」といった話も含め、怪談嫌いな人が束の間の怖気を楽しむに相応しいかと。

巻頭に最優秀作、続いて優秀作の1〜10位までと佳作が20編(投稿順)という構成ですが…この読み辛さこそが本書の面白さかもしれない、と思いました。
素人の文章を読み比べる機会など、先ずないもので。
何故すらすら読めないのだろう、どうして滑りが悪いのだろう?…分かりにくい文章でも混乱しやすい筋立てでもなく、どの箇所にも気になる点はないのに。
それがつまり、選者のいう“考え直す努力”が甘いという事になるかもなぁ。

優秀作4位の「芋洗い」は、僕にしては珍しく速攻でオチが割れたのが残念。
同7位はネットの怪談ブログでも個人的に好きなカテゴリーに入りそうですが、同9位はコメント欄に「釣り」とか「創作」と書かれるタイプですね。
個人的には「氷」「帰れない」「白い帽子の人たち」の怖さは好みです、話のテイストでは「錘」「鉄橋を渡れない同級生」「ダニー・ボーイ」の順かな。


関連記事:
【最近読んだ本】阿刀田高・選「奇妙におかしい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.10
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】阿刀田高「こんな話を聞いた」| 2016.10.01
【最近読んだ本】阿刀田高(編)「リアル怪談」| 2018.12.23

〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「琉球怪談百物語 不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】富岡直方「日本猟奇史 明治時代編」| 2014.06.07
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだ本】加門七海「怪のはなし」| 2016.06.26
【最近読んだ本】加門七海「怪談を書く怪談」| 2016.07.21
【最近読んだ本】小田イ輔「実話コレクション 呪怪談」| 2016.07.26
【最近読んだ本】雨宮淳司「恐怖箱 水呪」| 2016.07.27
【最近読んだ本】V.A.「怪談−黄泉からの招待状−」| 2016.07.28
【最近読んだ本】戸神重明「恐怖箱 深怪」/福澤徹三「忌談 終」| 2016.08.16
【最近読んだ本】V.A.「超−1 怪コレクション 黄昏の章」| 2016.11.19
【最近読んだ本】V.A.「怪談五色 破戒」| 2017.08.01
0
    | books | 2012.11.07 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top