おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
PYRAMID「Telepath 以心伝心」

再聴です、リリースは'06年で全12曲の62分。
カシオペアの神保彰が、慶応仲間の売れっ子ギタリスト鳥山雄司と元スクェアのキーボーディスト和泉宏隆で結成したスーパートリオのセカンド・アルバム。

ボブ・ジェームスやクルセイダーズの他、個人的には意表を衝かれたジュリア・フォーダムの「Happy Ever After」カバーが秀逸。
ベースが全曲打ち込みなのは寂しいけれど、ベースラインは美しく違和感なし。
しかしAmazonでは「非常にレア 入手困難」との事で、現在はプレミア価格で取り引きされてる模様。

育ちの良さ故なのか、決して誰も(俺が俺が)と出しゃばらないバランスの好さが最大の魅力かもしれない。
往年のフュージョンをアップデートした洒脱さ、押しではなく引きの上手さに熟練の技を感じる…つまり軽快なBGMとしても様になるが、思わず聴き入ってしまうエモーショナルさも充分に備えている玄人の余裕に溢れた隙のない一枚だ。
しかも楽しげで、ケチの付け所が一切ない!

日本のスムース・ジャズで十指に入るであろう名盤。
和製フォープレイ、といった先入観は不要です・・・あんな老いぼれた音じゃないから!笑


関連記事:
【最近聴いたCD】PYRAMID「The Best」| 2018.01.13
0
    | music | 2012.11.23 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top