おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< いま思い付いたネタ | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
岡野玲子「消え去りしもの」

副題「Missing Link」は'84年の連載時“英字による題名が認められず”没にされた、本来あるべきタイトルだったのだそうで…字義通りの“進化の過程において、類人猿と人間との間に存在していたと仮定されている”何者かを、著者は“それを魔術師と見立てて”本作を構想したのだとか。

猿からヒトに進化する歴史から消え去った、その中間的な存在が魔術師とは意表を衝いた着想ですなぁ!
僕が「モンゴロイドの道」を読みながら夢想した旧人類でさえ絵に描いたような原始人レベルの想像だったので、この発想だけでも非常に魅力的ですが…しかも表紙の人物が「ジルオール」のレムオンっぽく見えてしまい、消えゆくダルケニス族の悲哀と勝手に重ねてしまったら読まずにはいられませんでしたよ〜。笑
いや、無論レムオンは本作には関係ありませんけど。

大いなる力、アルス=マグナが世界(ノーム)を生み、3人の魔術師がそれぞれに封土を治めています。
そして物語は、アラヴィス帰還の報せで始まります。
追放された筈のアラヴィスが封土エストに戻されたのはアルス=マグナの意志なのか、始祖アデンの死とエスト迫害の真相とは…そして他の封土では生まれない女性の魔術師、妹テューレの運命や如何に?

大いなる力に滅ぼされた古き種族たち、沈黙の書と変成の秘術…再び旅発ったアラヴィスが垣間見る世界の真実、パワーバランスの崩壊と魔術師の時代の終焉。
なんとなくですが、コミック版ナウシカを連想させるストーリー展開だなと思ったり…パクり云々ではなく基本ファンタジーや神話としての王道を、上手に自らの物語に変換してる感じ。
それとデッドエンドの先に希望を見る彼らの、ほろ苦い後味が。


関連記事:【最近読んだマンガ】岡野玲子「陰陽師」13巻| 2010.03.10
0
    | comic | 2012.11.27 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top