ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
スティーヴン・キング(著)、白石朗(訳)「ライディング・ザ・ブレット」

ブレット(BULLET)とは弾丸の事だが、本書ではニューハンプシャー州にあるという遊園地のスリル・アトラクションの名称を指す。
当初は電子書籍として'00年に発表され“3日たらずで五十万部以上がダウンロードされた”という、日本以外ではドイツとイタリアとオランダのみで翻訳出版されたユニークな作品。

著者の作品は、かつて一度だけ読んだ事がある。
あのロックンロールな短編集と同様に、本書もまた彼の真骨頂を知る読者にしてみれば軽い息抜きレベルの小品なのかもしれない。
僕にしてみれば最初に読んだ短編集も独創的に思えたが、本書は一段と著者の豊かなエンターテイメント性が伺えるような印象だ。

喜怒哀楽ならぬ、可笑しみと身の毛が凍る思いの後に齢を重ねゆく悲哀と余韻を残す含蓄が周到に配置された見事な構成だと思う。
「結婚式ほどいいものは、ほかにないよな」と、古いムスタングを時速130キロで走らせるゾンビに訊かれて「だれもが二回は結婚するべきだね」と助手席で言い返すなんて最高だ。

いや、これ以上ネタバレはしないので心配なく。
訳者あとがきにあるとおり、まさに“典型的なホラーの道具立てではじまるこの作品は、しかし、いい意味で読者の期待を裏切って突き進みます”…僕のようなキング初心者だけでなく、おそらくはキング・マニアも気持ちよく裏切られてしまうのではないだろうか?
だからこそ、キングは読み継がれてゆくのだろう。


〈スティーヴン・キング〉関連記事:
【最近みた夢】スティーヴン・キングの映画みたいな| 2008.06.01
【最近読んだ本】スティーヴン・キング「いかしたバンドのいる街で」| 2010.08.17
【最近読んだ本】山岸真(編)「90年代SF傑作選〈上〉」| 2015.03.14
0
    | books | 2012.11.25 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top