おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | いま思い付いたネタ >>
最近聴いたCD
熱帯JAZZ楽団「X〜Swing Can Clave〜」

先日の神保彰つながりで、こちらも再聴です。
カシオペア在籍時のメンバー武者修行でブラジルに赴いた神保の意図が、その時点では僕には理解できませんでしたが…その成果はファースト・ソロで明らかになり、また独立してからも引く手あまたな訳で。
もちろんブラジル行ってくれば誰もがモテモテな筈もなく、カシオペア時代の英国ライブでも海外ミュージシャンから絶賛されていたセンスとテクニックがあっての話ですけれども。

'06年の楽団10作目にあたる本作、ラテンのスタンダードを多数収録して賑々しく参ります11曲。
右肩上がりの日本を席巻したラテン・ブームでお馴染みの、いや当時を知らない僕らでも「Little Brown Jag」を始め聴けば確かに耳馴染みのある曲ばかり。
よりスウィンギーに仕上げた「Moonlight Serenade」や「Night And Day」、ビル・エヴァンスのワルツをルンバに転じた「La Rumba Para Debby」などなど。

今にして思えば、神保によって(何故ブラジル?)というアンテナが僕の内に張られたようにも思います。
彼が行かなければ、僕がラテン音楽に目覚めたかどうか…いや、流石にベラフォンテで踊っていた幼少期の血が黙っちゃいなかったでしょうけどね?!笑
しかし、まるっきりカルロス管野にも触れないで申し訳ない気もしますが。
ごめんなさい。

でも王道ラテンの気持ち好さはガチっす。


関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「BATTLEJAZZ」| 2016.09.22
0
    | music | 2012.11.26 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top