ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだ本 >>
最近みた夢
怪鳥に懐かれる


そこは地下街のようだった。
外光が差し込まない、照明だけの特有な明るさで。
僕は最初、売り場の広い本屋にいるのかと思った。
でも枝物や葉物がディスプレイされている以外に、商品らしき物は見当たらなかったので花屋の一種かもしれない。
大きな駅の地下街のようで人が多く、僕も誰かに付き添って来ていた気がする。

場面が本屋の外に変わると、そこは広場のように開けていた。
低い天井の圧迫感はなく、だけど全体的に薄暗い。
下はアスファルトっぽくて、ちょうど上野恩賜公園のように広々とした平面に人々が歩いている。
足下には、そこかしこに甲虫がうごめいていて、僕はそれらを手に取って一緒にいる誰かに話しかけていた。

カブトムシやクワガタムシの特徴を持ちながら、日本で一般的に見かける種類とは異なった様子だった。
例えば光沢のある暗緑色の産毛に覆われていたりして、僕はましまじと見つめながら「すごいねぇ、なんでこんなのが地面にウロウロしてんのかねぇ」などと隣の誰かに言っていた。
相手の顔は見なかったし返事もなかったけれど、そこにいる気配はあった。

そして少し離れた所に、やや大きめの鳥がいた。
全身は黒に近く、焦げ茶色など濃い色彩の中に銀色がかった暗緑色のアクセントがある羽根を折り畳んでヨタヨタと歩き回っていた。
感じとしては、ハシビロコウに近い印象だがクチバシは横に平べったかったと思う。
なんだか間抜け面で千鳥足の鳥が可笑しくて、近くにきた時に僕はフェイントのような動きでからかってしまった。
そうしたら鳥は(やあ、やっと見つけた)といった表情で僕の目を見て、まるで千鳥足が演技だったかのように素早く僕に寄り添ってきたのだ。

何か思い違いをされたかと、僕は慌てて離れようとしたのだけれど鳥は一歩も遅れず付いてくる。
のみならず僕の左側に体を押し付けて、しきりに頭の羽根をこすりつけてくるのだ。
そのザラザラとした感触が、左頬の下に当たって不快になった。
どんなにフェイントをかけて逃げ回っても動きを読まれ、鳥はピタリと吸い付いたようにして頭を押し当ててくる。
最初は一緒にいた誰かに「冗談だろwww」とおどけていたものの、なんだか怖くなってきてしまった。

逃げ回っているうちに連れを見失ってしまったし、動き回るほど鳥を興奮させてしまっているようだ。
鳥に害意がないのは分かるけど、好意としても僕には受け入れ難い…アウェイ感のある場所で、ふいの出来事に追い詰められて冷静さを失いかけてしまう夢だった。
0
    | in sleep | 2012.10.11 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top