ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
エドワード・ゴーリー(著)、柴田元幸(訳)「題のない本」

図書館の絵本コーナーで、ずっと気になっていたゴーリーを2冊借りてきた。
先ずは薄い方、原題も「The Untitled Book」だ。

著者プロフィールによると“独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画”の作品で知られる他、ベケットらの著作に挿画を提供したり舞台美術も手掛けたりしているそうだ。
'00年に75歳で病没。
訳者はポール・オースターなど著名な現代アメリカ文学作家を訳している。
'71年に発表された本書が、日本語版として出版されたのは'04年である。

表紙の見返しにある“固定カメラでとらえた画面の中で繰り広げられる激しくシュールな世界”という文章が、簡潔にして的確に本書の内容を説明している。
同じアングルの日常的な場面、非日常的な存在の登場と退出…歌うような語感の意味をなさない言葉に「ちんろろきしし」を連想したが、画面の状況と言葉の音感には関連性がある。
プロットを真似た漫画も存在するが、このオリジナルの妙味には遠く及ばない。

読み終えて、奥付けが巻頭にあった事を思い出す。
(さては「逆から読んでごらん」的な仕掛け絵本か)と、後ろから読んでみたら全然そんな事はなかった。
本文30ページ、15点の挿画は変化に乏しい…画面の大半を占める建物や石畳はコピーでも事足りるところだ、ちなみに表紙と裏表紙とでは雲の形が異なる。
面白いか、と訊かれたら「面白い」と答えるだろう。
けれど説明しようとすると、逆に面白くも何ともないようにしか言えないのだ。


関連記事:
【最近読んだ本】エディ・ラナーズ「イリュージョン」| 2008.03.02
【最近読んだ本】柴田元幸・編「どこにもない国」| 2008.03.27
【最近読んだ本】エドワード・ゴーリー「華々しき鼻血」| 2012.12.16
【最近読んだ本】ポール・オースター「ミスター・ヴァーティゴ」| 2014.07.31
【最近読んだ本】チャールズ・シミック「コーネルの箱」| 2014.10.05
【最近読んだ本】バリー・ユアグロー「憑かれた旅人」| 2015.03.01
0
    | books | 2012.12.13 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top