おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近やったゲーム >>
最近聴いたCD
DEEE-LITE「World Clique」

一時期よく聴いていて、motebookにも記事を上げたと思ってたら見当たらなかったのもあって久しぶりに聴き直してみましたよ。
リリースは'94年ですがオリジナルは'90年らしい本作、てっきりデビュー盤かと思ってたらそうでもないらしい全12曲入り。

今でいうと何てカテゴリーになるのかな、当時の感覚ではハウスでしたが非常に斬新な印象がありましたね…M/A/R/R/Sの「Pump up the volume」という、これまた同種の画期的なサンプリング曲を早々とネタにしてしまうセンスも含めて。
それまでヒップホップやハウスのサンプリング遣いに(他人の褌で相撲を取る奴)的な嫌悪感が先に立っていたのですが、M/A/A/R/Sや彼らを聴いて(スゲー!)と単純に考えを改めました。

特に本作の楽曲はネタ元が微妙で、これみよがしなヒット曲でなくマニアック過ぎもせずな…例えばYMOなら「ライディーン」じゃなく「開け心」とかの、聴き覚えはあるんだけどタイトルが出てこない位の曲でサビ以外を持ってくる。
そして何よりネタに寄りかかった単調なループじゃなくて、ネタ抜きでも楽曲として成立している訳です。
そこら辺のバランスの好さは、現在はソロで活躍するテイ・トウワの手腕に負う所が大きかだったのかも?

そういえばDJバーバルって見た目がテイのフォロワーっぽいけど、m-flo時代も聴いてなかったので実際どうなんだろうなぁ〜とか思ったりもしました。
さすがに今では古いのかもしれない本作なれど、僕は未だに傑作だと思います。


関連記事:
【最近聴いたCD】DEEE-LITE「INFINITY WITHIN」| 2015.10.21

〈テイ・トウワ〉関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「細野晴臣トリビュートアルバム」| 2007.11.06
【最近聴いたCD】MONDO GROSSO「Next Wave」| 2012.08.04
【最近聴いたCD】MONDO GROSSO「Next Wave」(再聴)| 2013.09.25
【最近聴いたCD】V.A.「Motivation DRIVING SWEETS」| 2019.08.16
【最近聴いたCD】METAFIVE「META」| 2020.02.11


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Deee-Lite - "Groove Is In The Heart" (Official Music Video)』
0
    | music | 2012.12.14 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top