ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
エドワード・ゴーリー(著)、柴田元幸(訳)「華々しき鼻血」

2冊目のゴーリー本は“副詞というものにかつてない最大級の栄誉を与えたゴーリーらしい言語感覚が光る大傑作”という'74年に発表された作品で、'01年に新装・再刊されたもの。
さくら色だった表紙が背表紙から半分以上も白く褪色していて、それほど陽当たりがする書棚とは思えないだけに不思議だ。

本作は「題のない本」と違って、26点すべて共通性がない…どうやら作者は“アルファベットをやる”のが得意だったらしく、本作もその例に洩れない。
ただ、本作では文頭の名詞ではなく文末に来る副詞をアルファベット・ブックに仕立てたという訳だ。
なので最後は「〜ly」で終わるのだが、原著だったら「Hopelessly」「Quickly」「Tearfully」しか僕には理解できなかったろう。

“(ぞ)んざいに/供された/プディング”や“(う)かつにも/さんばしから/おちる”の人物の微妙な表情など並大抵では描けないだろう、無表情の半歩手前で達観したような味わいが好い。
また“(し)らじらしく/しゃくめい/こころみる”も、何が「Unconvincingly」なのか描かない妙など誰でも真似出来る事ではない。
それにしても鼻血の何が「華々しい」のか、表紙と裏表紙の絵でドラマがあるのか…いずれにせよ、やはりGloriousではないし内容とも一切関係はないのだ。


その他、柴田元幸の関連記事:
【最近読んだ本】ポール・オースター「リヴァイアサン」| 2008.01.23
【最近読んだ本】柴田元幸・編「どこにもない国」| 2008.03.27
【最近読んだ本】ポール・オースター「ミスター・ヴァーティゴ」| 2014.07.31
【最近読んだ本】チャールズ・シミック「コーネルの箱」| 2014.10.05
【最近読んだ本】バリー・ユアグロー「憑かれた旅人」| 2015.03.01
0
    | books | 2012.12.16 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top